画面外のウィンドウを移動する方法

アプリケーションを起動したり、ウィンドウを開いたりすると、画面から消えてしまう場合があります。ほとんどの場合、半分(またはウィンドウの一部)を表示して操作することはできますが、残りの半分は画面外に表示されます。まれに、画面から完全に外れたアプリケーションやウィンドウが表示されることがあります。このような状況では、これらのウィンドウを移動したり、操作したりすることは非常に困難です。ユーザーがウィンドウを移動することすらできないことに気付いたケースは非常に多く、これは非常に不便であり、ウィンドウ/アプリケーションが完全に役に立たなくなる可能性があります。

この問題は、誤ってウィンドウを画面から移動した場合に発生する可能性があります。これは、デュアルスクリーンがあり、他のディスプレイでウィンドウを開いたままにしている場合にも発生する可能性があります。そのため、1つの画面に戻ると、ウィンドウが同じ場所で開く場合があります。

方法1:タスクマネージャーを使用する

注:この方法は、最新バージョンのWindows 10では機能しません。タスクマネージャーを使用してウィンドウを最大化するオプションは、最新バージョンのWindows10では使用できません。

タスクマネージャを使用してウィンドウを最大化できます。アプリケーションの最大化オプションを見つける手順は次のとおりです。

  1. Ctrl、Shift、およびEscキーを同時に押し続けます(CTRL + SHIFT + ESC)。
  2. これにより、タスクマネージャーが開きます
  3. リストからアプリケーションを見つけます。[プロセス]タブが表示されていることを確認してください
  4. アプリケーション名のにある矢印をクリックします
  5. 新しく開いたリストからアプリケーションエントリを右クリックし、[最大化]を選択します。新しく開いたリストに複数のエントリが表示されている場合は、右クリックして、すべてのエントリに対して最大化を選択してみてください

これにより、ウィンドウが最大化され、問題が解決するはずです。

方法2:Windowsキーのショートカットを使用する

Windowsキーと矢印キーを使用して、アプリケーションウィンドウを移動できます。Windowsを画面に戻すための手順は次のとおりです

  1. ウィンドウが最小化されている場合は、Windowsキーを押したまま、上矢印キーを押してウィンドウを最大化します。
  2. ホールドWindowsキーを押し、左矢印キー、アプリケーションウィンドウの位置を変更することを。画面に表示されない場合は、左矢印キーを押します(Windowsキーをもう一度押したままにします)。Windowsと左矢印キーを押すと、アプリケーションウィンドウが画面の左側に表示されます。このキーの組み合わせにより、ウィンドウは一連の位置を通過します。そのため、ウィンドウを適切な場所に移動するには、左矢印キーを複数回押す必要がある場合があります。

方法3:タスクバーを使用する

問題のあるアプリケーションのタスクバーから右クリックメニューを開き、そこから移動オプションを選択できます。このオプションを使用すると、矢印キーやマウスを使用してアプリケーションウィンドウを移動できます。タスクバーメニューからアプリケーションを移動するには、以下の手順に従ってください

  1. タスクバーからアプリケーションアイコンを右クリックし、[移動]を選択します
  2. あなたは、Windows 10またはあなたの上にある場合は、単純にメニューを見ることができない移動オプション保留Shiftキー、次に右クリックし、タスクバーからアプリケーションアイコンを。[移動]を選択します
  3. いずれかの矢印キーを押します。これで、アプリケーションウィンドウがマウスに接続されます。マウスを動かすだけで、アプリケーションウィンドウも一緒に移動します。注:クリックなどする必要はありません。マウスを動かすだけです。
  4. 矢印キーを使用して、アプリケーションウィンドウを移動することもできます。手順2で、矢印キーを押し続けると、アプリケーションウィンドウがその方向に移動します。アプリケーションウィンドウが矢印キーの方向に移動するので、必ず右矢印キーを押してください。

これは、アプリケーションウィンドウを適切な場所に配置するのに役立ちます。

方法4:タスクバーを使用する(代替)

タスクバーの独自のメニューを開き、[カスケードウィンドウ]オプションを選択して、アプリケーションウィンドウを画面に戻すことができます。カスケードウィンドウオプションの主な目的は、開いているすべてのウィンドウを互いにオーバーラップさせ、タイトルバーを表示したままにすることです。このオプションを使用すると、開いているウィンドウをすばやく確認できます。私たちにとって幸いなことに、これにより画面外のウィンドウも中央に表示されます。

注:これは、画面上に多数のウィンドウが開いている場合は特に、非常に厄介なオプションです。すべてのウィンドウが中央に表示され、ウィンドウのサイズも変更されます。したがって、すべてのウィンドウのサイズ変更を再度処理したくない場合は、ここにリストされている他の方法をお勧めします。

  1. タスクバーを右クリックます(アイコンではなく、タスクバーで簡単に)
  2. カスケードウィンドウを選択

それでおしまい。