修正:OneNoteからOneDriveにログインできない

一部のユーザーは、OneNoteから直接OneDriveにログインする機能が突然失われることに不満を持っています。ほとんどの場合、この問題はOneNote2016を使用しているユーザーで発生していると報告されています。

この特定の問題が発生するたびに、ユーザーはログインするためにユーザー資格情報を挿入するように求められます。ただし、ほとんどのユーザーは、資格情報が正しいにもかかわらず受け入れられないと報告しています。叩くサインインしボタンは、単にログインウィンドウがOneDriveと一緒に消えるようになります。

デスクトップバージョンのOneNoteをWebバージョンから開くと、「ノートブックが存在しないか、開く権限がありません」というエラーが発生するため、適用できません

同じ問題に苦しんでいる場合は、以下の方法が役立つ可能性があります。ユーザーが同じタイプの問題に遭遇するのに役立ついくつかの修正を特定することができました。状況を解決する方法が見つかるまで、以下の潜在的な修正に従ってください。

方法1:InternetExplorerをバージョン11に更新します

OneNoteは、Internet Explorer11がインストールされていない多くのシステムを誤動作させることが知られています。結局のところ、InternetExplorerはWindows用のブラウジングツール以上のものです。Microsoftが開発したアプリケーションの多くは、ログインの目的でこれに依存しますが、OneNoteも例外ではありません。

この情報を念頭に置いて、一部のユーザーはシステムにIE11をインストールすることで問題を解決することができました。最新のWindowsバージョンにはデフォルトでInternetExplorer 11がインストールされていますが、Windows7以前ではこれは適用されないことに注意してください。

この問題を解決するには、このリンク(ここ)にアクセスし、言語とオペレーティングシステムのアーキテクチャに応じて適切なInternet Explorer11バージョンをダウンロードしてください。

次に、インストーラーを開き、画面に表示されるプロンプトに従ってインストールを完了してから、PCを再起動します。PCが再起動したら、OneNoteからOneDriveに再度アクセスして、問題が解決したかどうかを確認します。

それでも問題が解決しない場合は、方法2進みます。 

方法2:設定からOneNoteアプリをリセットする(Windows 10のみ)

同じ問題が発生した一部のユーザーは、OneNoteアプリをリセットすることでこの問題を解決できました。しかし、私たちが収集したものから、この潜在的な修正はWindows10搭載コンピューターにのみ適用可能です。

Windows10でOneNoteアプリをリセットする方法は次のとおりです。

  1. 押しのWindowsキー+ Rファイル名を指定して実行ウィンドウを開きます。「ms-settings:appsfeatures」と入力し、Enterキーを押して、Windows10の[設定]の[アプリと機能]タブを開きます

  2. [アプリと機能]で、アプリケーションリストをスクロールしてOneNoteを見つけます。完了したら、それをクリックしてから、[詳細オプション]をクリックします。

  3. 次のウィンドウで、リセットボタンを押して、データがクリアされるのを待ちます。

  4. 1つのOneNoteがリセットされました。もう一度開いて、ユーザーの資格情報をもう一度入力してください。問題なくOneDriveに署名してアクセスできるはずです。

この方法が成功しなかった場合は、方法3進みます。

方法3:レジストリエディタを介してUseOnlineContent値を追加する

最初の方法が成功しなかった場合は、別の一般的な修正が行われていますが、かなり技術的になる必要があります。同じ問題が発生した1人のユーザーは、レジストリエディターを使用してUseOnlineContentという名前のDWORD 32ビット値をOfficeフォルダーに追加することで、この特定の問題を解決できることを発見し ました。

これを行うためのクイックガイドは次のとおりです。

  1. 押しのWindowsキー+ Rファイル名を指定して実行ウィンドウを開きます。「regedit」と入力し、Enterキーを押してレジストリエディタを開きます。

  2. 左ペイン使用して、レジストリエディタへのナビゲートます。HKEY_CURRENT_USER \ Software \ Microsoft \ Officeのを\ 14.0(15.0または16.0)/ \共通\インターネット。 Officeのバージョン(14.0または15.0または16.0)は、Officeのバージョンによって異なります。バージョン16.0はOffice1016に対応し、バージョン15.0はOffice 2013に対応し、バージョン14.0はOffice2010に対応します。

    注:複数のOfficeスイートがインストールされている場合は、レジストリエディタに複数のバージョンが表示されます。この場合、OneNoteで問題が発生しているバージョンに関連付けられているフォルダーを開きます。

  3. 次に、右ペインに移動し、空のスペースを右クリックして、[新しい] > [DWORD(32ビット)値]を選択します

  4. 新しく作成したDWORD(32ビット)値に「UseOnlineContent」という名前を付け、Enterキー押して保存します。

  5. UseOnlineContentをダブルクリックし、BaseHexadecimalに、Valueを1に設定します。次に、Ok押して変更を保存します。

  6. レジストリエディタを閉じてコンピュータを再起動し、今行った変更を適用します。次回の起動時に、OneNoteは通常の動作に戻ります。つまり、サインインしてOneDriveにアクセスできるようになります。

この方法が成功しなかった場合は、以下の最後の方法に進んでください。

方法4:Powershellを介してOneNoteをアンインストールする

上記のすべての方法がうまくいかなかった場合は、もう1つ技術的な解決策があります。同様の問題が発生した別のユーザーは、Powershellを使用してOneNoteをハードアンインストールし、公式チャネルを使用して再ダウンロードすることで、問題を解決しました。

Powershellを使用してOneNoteをアンインストールし、Windowsマーケットプレイスから再ダウンロードするためのステップバイステップガイドは次のとおりです。

  1. 左下隅にあるWindowsスタートバーにアクセスし、「powershell」を検索します。次に、Windows Powershellを右クリックし、[管理者として実行 ]を選択して、昇格されたPowerShellプロンプトを開きます。

  2. 新しく開いたPowershellウィンドウ内に、次のコマンドを貼り付けてEnterキーを押します。
    Get-AppxPackage * OneNote * | 削除-AppxPackage

    注:この操作により、OneNoteとそのすべてのサブコンテンツがコンピューターから効果的にアンインストールされました。この種のアンインストールは、(プログラムと機能を介した)従来のアンインストールよりも優れた結果をもたらすことが知られています

  3. コマンドが処理および実装されるまで待ってから、昇格されたPowerShellプロンプトを閉じます。
  4. コンピュータを再起動し、起動するのを待ちます。次に、このリンク(ここ)にアクセスして、OneNoteインストーラーをダウンロードします。
  5. 画面の指示に従ってコンピューターにOneNoteをインストールし、最後の再起動を実行します。
  6. コンピュータが再び起動した後、OneNoteにサインインできるようになるため、問題は解決するはずです。

方法5:2要素認証を無効にする

場合によっては、アプリのパスワードを使用する必要があるときに、実際のパスワードを使用してOneNote / OneDriveにサインインしている可能性があります。このようにしたくない場合は、2要素認証を無効にしてみてください。今のところ、アプリのパスワードを使用してログインし、以下の手順に従って今後ログインしてください。

  1. 移動し、「設定」、次にをクリックして「のSecurityInfo」または「セキュリティとプライバシー」タブをクリックします。
  2. 新しいアプリのパスワードを作成する」を選択します
  3. これで、ここでパスワードを構成し、それを使用して将来アカウントにサインインできます。