修正:電子メールを作成するときのOutlookの非常に小さいフォント

かなりの数のOutlookユーザーが、電子メールのテキストフォントが非常に小さくなり、フォントサイズがかなり通常の値に設定されていても、テキストが判読できなくなるという非常に奇妙な問題の影響を受け続けています。この問題の影響を受けるすべてのユーザーは、Outlookを使用して電子メール(新しいメッセージと返信電子メールの両方)を作成しようとしたときにのみ表示されることを確認します。

この問題により、テキストフォントが完全に判読できなくなり、これは非常に重大な問題です。ありがたいことに、この問題の原因は特定されており、ズーム率が正しくありません。この問題の影響を受けるほとんどのユーザーが信じているような極端に小さいフォントサイズではありません。この問題は、ズーム率を通常の値にリセットし、電子メールを作成するときに判読できない小さなフォントを通常のサイズに戻すだけで、非常に簡単に解決できます。この問題を解決するためにOutlookのズーム率を修正する場合は、次のことを行う必要があります。

Outlookを起動します

新しい電子メールメッセージの作成を開始します。新しい電子メールメッセージを作成するか、受信トレイ内の電子メールの1つに返信するかは関係ありません。

Outlook2007またはOutlook2016を使用している場合は、上部にあるリボンの[テキスト書式設定]タブに移動します。ただし、Outlook2010またはOutlook2013を使用している場合は、上部にあるリボンの[メッセージ]タブに移動します。

ズームをクリックします。

ズームアップ表示されたダイアログボックスで、選択、100%を下に拡大へ

[ OK]をクリックして新しいズーム設定を保存し、[ズーム]ダイアログボックスを閉じます。ダイアログボックスが閉じるとすぐに、ズーム率がデフォルト値にリセットされ、電子メールメッセージを作成するときに表示される判読できないほど小さいフォントがデフォルトサイズに戻ります。