WindowsでOutlookエラー0x8004210Bを修正する方法は?

何人かのWindowsユーザーが、電子メールを送信できなかった後、質問をしてきました。何度か再試行すると、操作がタイムアウトになり、「(0x8004210B)操作がタイムアウトして送信(SMTP / POP3)サーバーからの応答を待機しています」というエラーが表示されます。問題を調査したところ、影響を受けたユーザーは、メールが送信トレイに残っていると報告しています。一部のユーザーは、もう一度[送信]をクリックすると、問題なくメールが送信されると報告しています。この問題は、Windows 7、Windows 8.1、およびWindows 10で発生することが確認されているため、特定のWindowsバージョンに限定されません。

(0x8004210B)Outlookエラーコードの原因は何ですか?

さまざまなユーザーレポートを調べ、影響を受けるユーザーが推奨するさまざまな修復戦略を試すことで、この特定のエラーコードを調査しました。結局のところ、このエラーメッセージをトリガーする可能性のあるいくつかの異なるシナリオがあります。潜在的な原因の候補リストは次のとおりです。

  • Outlookプロファイルの破損– Outlookの電子メールアカウントが破損しているため、このエラーメッセージが表示される可能性があります。Outlookプロファイルのファイルが破損した場合、Outlookはサーバーとの接続を確立できなくなります。この場合、[メール]ウィンドウから電子メールアカウントを再度追加し、アプリケーションに新しいプロファイルを作成させることで、問題を解決できるはずです。
  • 電子メールが送信モードでスタックする–このエラーコードが発生する別のシナリオは、適切に処理できない破損または大きな添付ファイルが原因で操作がタイムアウトした場合です。このシナリオが当てはまる場合、実行可能な唯一の修正は、アプリケーションをオフライン作業モードに設定し、送信トレイでスタックしている電子メールを削除することです。
  • 開封確認のスタック– Outlookの古いバージョンでは、この動作により開封確認がスタックする可能性もあります。領収書はOutlookに表示されないため、従来は削除する方法がありません。この場合、MFCMAPIなどの低層開発者ツールを使用してOutlookデータストアにアクセスし、スタックした開封確認を手動で削除することで、問題を修正できます。
  • サードパーティのAV干渉–結局のところ、この問題は、セキュリティ上の理由が疑われるためにOutlookが電子メールサーバーと通信するのをブロックしている過保護なAVスイートによっても発生する可能性があります。これを防ぐには、サードパーティのスイートを完全にアンインストールして、邪魔にならないAVスイートを選択する必要があります。

現在、このOutlookエラーコード(0x8004210B)の解決に苦労している場合、この記事では、ほとんどの場合に問題を解決するためのいくつかの異なるトラブルシューティング戦略を提供します。以下に、影響を受ける他のユーザーがエラーを解決するために正常に使用したメソッドのコレクションと、「送信(SMTP / POP3)サーバーからの応答を待って操作がタイムアウトしました」というエラーメッセージを示します

効率を維持し、侵入を最小限に抑えたい場合は、以下の方法を、配置したのと同じ順序で実行することをお勧めします。効率と重大度の順に並べられているため、最終的には、問題を解決する修正に遭遇する必要があります。問題を引き起こしている犯人の。

さぁ、始めよう!

方法1:メールアカウントを再度追加する

結局のところ(0x8004210B) をトリガーする最も一般的なシナリオの1つは、破損したOutlook電子メールアカウントです。電子メールアカウントに属する一部のファイルが破損する可能性があるため、Outlookはそれを適切に使用できなくなります。

このシナリオが当てはまる場合は、コントロールパネルの[メール]オプションから電子メールアカウントをもう一度作成することで、問題を解決できるはずです。この問題が発生した数人のユーザーは、電子メールアカウントを再度追加する手順に従った後、問題が完全に解決されたと報告しています。

これがあなたがする必要があることです:

  1. 押してWindowsキー+ Rを開くためにファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを。次に、「control」入力し、Enterキーを押して、従来のコントロールパネルインターフェイスを開きます。
  2. 従来のコントロールパネルインターフェイスに入ったら、画面の右上隅にある検索機能を使用して「メール」を検索します。
  3. その後、結果のリストを表示するには、[メール] (Microsoft Outlook)をクリックします。
  4. アカウントの設定]ウィンドウで、選択し電子メール]タブをクリックし、上の新...
  5. [アカウント追加]ウィンドウ内に、名前、電子メールアドレス、およびパスワードを挿入し、[へ]をクリックしてアカウントを追加します。
  6. 操作が完了するまで待ちます。メールクライアントによっては、アカウントを手動で設定するように求められる場合があります。
  7. 新しい電子メールアカウントが構成されたら、[アカウント設定]> [電子メール]に戻り、古いアカウント(破損しているアカウント)を選択して[削除]をクリックして削除します。
  8. 次に、新しく作成したメールを選択し、[デフォルト設定]をクリックします。

新しい電子メールアカウントを構成した後も同じ(0x8004210B) エラーコードが引き続き発生する場合は、以下の次の方法に進んでください。

方法2:スタックしたメールを削除する

新しいOutlookバージョンでは、「(0x8004210B)操作が送信(SMTP / POP3)サーバーからの応答を待機してタイムアウトしました」エラーをトリガーする最も一般的な原因は、サポートされていないファイルを含む添付ファイルが電子メールに含まれている状況です。サイズが大きすぎるだけです。

このシナリオが当てはまる場合は、Outlookモードを「オフラインで作業」に 切り替え、送信モードでスタックしている電子メールを削除することで、問題を解決できるはずです。そうして、送信に問題があった添付ファイルを処理した後、影響を受けたユーザーは、問題が完全に解決されたと報告しました。

Outlookでスタックした電子メールを削除するためのクイックガイドは次のとおりです。

  1. Outlookのバージョンを開き、画面上部のリボンバーから[送信/受信]タブを選択します。
  2. 次に、以下のサブオプションに移動し、[オフライン作業]を1回クリックして、Outlookアプリケーションをインターネットから切断します。
  3. インターネットがOutlookから切断されたら、以前にエラーメッセージをトリガーしていたメッセージに移動し、それを右クリックして、コンテキストメニューから[削除] を選択して、電子メールクライアントから削除します。
  4. 添付ファイルを処理してから、アプリケーションを再起動し、作業モードを無効にします。
  5. もう一度メールを送信して、問題が解決したかどうかを確認してください。

それでも「送信(SMTP / POP3)サーバーエラーからの応答を待って操作がタイムアウトした」が発生する場合は、以下の次の方法に進んでください。

方法3:スタックした開封確認メッセージを削除する

(0x8004210B)操作が送信中(SMTP / POP3)サーバーからの応答を待機してタイムアウトしました」エラーが発生する別のシナリオは、読み取りレシートのスタックです。ただし、Outlookで領収書が表示されるのは、送信トレイでは完全に表示されないため、削除するのは難しいことです。

この問題が発生したWindowsユーザーの中には、MFCMAPIと呼ばれるMicrosoftサポートツールを使用して、スタックしたレシートを削除できたと報告している人もいます。これは元々、開発者がOutlookデータストアにアクセスできるように「低レベル」のサポートを提供することを目的としたツールですが、高度なトラブルシューティングを行うことを検討している通常のユーザーにとっても便利なツールです。

エラーメッセージの原因となっているスタックした開封確認を削除するためのMFCMAPIの使用に関するクイックガイドは次のとおりです。

  1. このGritHubリンク(ここ)にアクセスして、MFCMAPI実行可能ファイルの最新バージョンをダウンロードしてください。32ビットを使用している場合は最初のバージョンを取得し、64ビットのWindowsバージョンを使用している場合は2番目のバージョンを取得します。
  2. ダウンロードが完了したら、WinZipやWinRarなどの抽出ユーティリティを使用して、実行する必要のある実行可能ファイルを抽出します。
  3. 抽出した実行可能ファイルをダブルクリックします。
  4. MFCMAPIアプリケーション内に入ったら、上部のリボンバーから[セッション]> [ログオン]に移動します。
  5. 次の画面で、編集するOutlookプロファイルを選択し、[ OK ]をクリックします
  6. 持っているデータベース上でダブルクリックしてデフォルトのストアにセット真を。
  7. ルートメールボックスに入ったら、最上位のフォルダを右クリックし、新しく表示されたコンテキストメニューから[目次開く]を選択します。
  8. Readインスタンス内に、件名の前に「Read:」が付いたアイテムが表示されます。[読み取りインスタンス]を選択し、上部のリボンバーから[アクション]タブをクリックして、[送信]> [送信の中止]を選択します。

    注:これが表示されない場合は、開封確認のスタックが原因で問題が発生していないことを意味します。この場合、以下の次の方法に直接移動します。

  9. これを行った後、同じエントリが選択されていることを確認してから、[アクション]> [メッセージの削除]に移動します。次に、DELETE_HARD_DELETE渡して完全削除 というオプションを選択し、[ OK]を選択して変更を保存します。
  10. 以前にナビゲートしたMFCMAPIに属するすべてのウィンドウを閉じてから、コンピューターを再起動し、Outlookを開いて、次回のシステム起動時に問題が解決されたかどうかを確認します。

この手順を実行したら、以前に「操作がタイムアウトし、送信(SMTP / POP3)サーバーエラーからの応答を待機していました 。問題が解決されたかどうかを確認してください。

それでも同じ問題が発生する場合は、以下の次の方法に進んでください。

方法4:サードパーティの干渉をアンインストールする(該当する場合)

さまざまなユーザーレポートに基づくと、この問題は、Outlookが電子メールサーバーと通信するのをブロックしている過保護なサードパーティのAVスイートが原因で発生する可能性もあります。結局のところ、Windows 10でこの問題を引き起こすことが知られているサードパーティスイートがいくつかあります(McAfeeやKasperskyを含む)。

このシナリオが当てはまる場合は、サードパーティのセキュリティをアンインストールし、すべての残りのファイルが削除されていることを確認することで、「送信(SMTP / POP3)サーバーエラーからの応答を待って操作がタイムアウトした」を解決できるはずです。

このエラーが発生し続ける可能性のある残りのファイルを残さずにセキュリティスイートをアンインストールするためのクイックガイドは次のとおりです。

  1. Windowsキー+ Rを押して、[ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを開きます。[ファイル名を指定して実行]ボックスに移動したら、「appwiz.cpl」入力し、Enterキーを押して[プログラムと機能]メニューを開きます。
  2. [プログラムと機能]画面で、アプリケーションのリストを下にスクロールして、アンインストールするサードパーティのAVスイートを見つけます。見つけたら、右クリックして、新しく表示されたコンテキストメニューから[アンインストール ]を選択します。
  3. アンインストールが完了したら、この記事(ここ)に従って、将来同じエラーを引き起こす可能性のある残りのファイルを残さないようにしてください。