修正:必要な特権がクライアント「0x80070522」によって保持されていない

0x800700522は、あなたはあなたがそのようなオペレーティングシステムパーティションのルートフォルダとして、修正することになっていないことを、フォルダ内のファイルをコピーまたは作成しようとしていることを知ることができます。そこにあるはずのないファイルをそこに置くと、Windowsのインストールが完全に破壊される可能性があるため、Microsoftがこれを行ったのには理由があります。また、「必要な特権はクライアントによって保持されていません」というメッセージが表示されます。これは、そのフォルダーにそのファイルを含めるべきではないというMicrosoftの言い方です。

このメッセージは通常、オペレーティングシステムがインストールされているパーティションのルートフォルダの1つに、テキストファイルなどのファイルをコピーしたり、ファイルを作成したりしようとしたときに表示されます。これらのフォルダーは通常、Program Files、Windows、およびSystem32であり、Windowsがソフトウェアの一部として正しく機能するための最も重要なフォルダーであるため、Microsoftがそのような保護を設定した理由を理解できます。

ただし、その特定のファイルをその特定のフォルダーに置く必要がある特定の状況があり、0x800700522の問題を解決する方法がいくつかあることを知っておくとよいでしょう。最初と2番目の方法は絶対に安全ですが、他の方法ではコンピューターのアクセス許可とアクセシビリティを編集する必要があるため、開始する前にシステムの復元ポイントを実行することをお勧めします。

方法1:ファイルを管理者として保存する

これはすべての中で最も簡単な方法であり、OSのパーティションのルートフォルダに対するMicrosoftの制限を上書きします。ただし、保存しようとしているファイルの種類によって異なります。フォルダ内にファイルを作成したり、別の場所からコピーしたりする代わりに、管理者として保存できます。テキストファイルの場合はメモ帳または選択したテキストエディタを開き、画像の場合はPhotoshopなどから開きますが、管理者としてプログラムを実行します。ファイルを作成するために必要なプログラムが何であれ、実行可能ファイルを右クリックして、メニューから[管理者として実行]を選択できます。これにより、問題のソフトウェアに通常の実行よりも高いアクセス許可が与えられ、問題なくルートフォルダー内にファイルを保存できます。

方法2:管理者特権のコマンドプロンプトを使用してファイルをコピーする

この方法では、管理者特権のコマンドプロンプトが必要です。[スタート]メニューを開き、cmdと入力し、結果を右クリックして、メニューから[管理者として実行]を選択すると、1つ開くことができます。ソースファイルの正確なアドレスと必要な宛先を知る必要があり、コマンドは次のとおりです。

sourceAddressdestinationAddressをコピーします

たとえば、D:パーティションのWorkフォルダーにあるTest.txtファイルをCパーティションのWindowsフォルダーに移動する場合、コマンドは次のようになります。

d:\ work \ test.txt c:\ windows \をコピーします

ファイルは宛先に正常にコピーされます。

方法3:管理者承認モードを無効にする

ユーザーアカウント制御は、技術に精通しておらず、コンピューターの基本的な機能を必要とするユーザーに多くの問題を引き起こす可能性があります。 UACの管理者承認モードでは、ルートフォルダー内にファイルを作成またはコピーする機能など、コンピューターから必要になる可能性のある多くの機能をロックダウンできます。無効にするのはかなり簡単で、いくつかの簡単な手順を実行する必要があります。

まず、コンピューターでWindowsRを同時に押して、[実行]ダイアログを開きます。タイプsecpol.mscとEnterキーを押して入力します。ダイアログが表示されたら、[ OK]を押します。 [ローカルセキュリティポリシー]ウィンドウ内の左側にナビゲーションペインが表示されます。移動ローカルポリシー、その後、をクリックしてセキュリティオプション。ユーザーアカウント制御:すべての管理者を管理者承認モードで実行するまで、右側のナビゲーションペインを下にスクロールします。それを右クリックし、[プロパティ]を選択して、[無効]に設定します [適用]をクリックしてからOK、[ローカルセキュリティポリシー]ウィンドウを閉じます。コンピュータを再起動して、変更を保存します。起動すると、必要な場所にファイルを作成できるはずです。

方法4:ユーザーアカウント制御を完全に無効にする

他のすべてが失敗した場合、最後の手段はWindowsのUACを完全に無効にすることです。これは、[スタート]メニューにmsconfigと入力してアクセスできる[システム構成]パネルから実行します。 [ツール]タブをクリックし、[ユーザーアカウント制御設定の変更]を見つけて、[起動]を押します。 UACを低/オフに設定します。クリックしてOKと押して、システム設定パネルを閉じ、[OK]をもう一度。変更を手動で適用するためにデバイスを再起動します。ただし、[システム構成]パネルを閉じると、再起動するようにというメッセージが表示されます。再起動後、必要な場所にファイルを作成できるはずです。

方法5:オペレーティングシステムのパーティションの所有権を取得します

パーティションの所有権を取得すると、パーティションを完全に制御できます。問題のパーティションとしてC:を使用しますが、オペレーティングシステムを別のパーティションにインストールした場合は、代わりに手順を適用してください。

最初に行うことは、このPCまたはマイコンピュータを開き、Cドライブを右クリックして、メニューから[プロパティ]を選択することです。移動し、セキュリティ]タブをクリックして高度を、その後、所有者タブ。内で名前のリスト、をクリックしてユーザー名、または管理者それはあなたがでログインしているものだ場合、またはAdministratorsグループ。クリックして[編集]を、そして確認し、このオブジェクトからの継承可能なアクセス許可を持つすべての子孫にすべての既存の継承可能なアクセス許可を交換してください。続行するかどうかを尋ねるメッセージが表示されたら、[はい]をクリックしますこれで、パーティションの完全な所有権が得られ、内部に必要なものをコピーできます。

前述のいずれの手順を実行しても、必要なファイルを必要な場所に正確にコピーまたは作成できるため、Windowsのセキュリティ制限を回避できます。