Adobe Reader Error 110 'ドキュメントを保存できませんでした'

「文書は保存された(110)することができませんでした」ユーザーは、従来かを経由して特定のファイルを保存しようとしたときにエラーがAcrobat Readerの上で発生するとして保存機能。一部のユーザーは、自分たちの場合、何度か試行に失敗した後、保存機能がグレー表示になっていると報告しています。

この問題は、外部で取得したファイルで発生します。この場合、関係のないデータを回避するためにMicrosoft Print to PDF機能を使用することで、問題を簡単に解決できます。破損したファイルプロパティもこの問題を引き起こす可能性があることに注意してください。この場合、FoxitReaderまたはGoogleChromeを介してPDFファイルを開くと、問題を解決するのに役立ちます。

ただし、この問題のほとんどのインスタンスは、ファイルの破損が原因です。それらを解決するには、NitroProまたはオンラインPDF修復ツールを使用して破損を修正する必要があります。

まれに、フォントの問題が原因でこのエラーが表示される場合もあります。これを修正するには、AcrobatReaderを利用可能な最新バージョンに更新するだけです。

Acrobat Readerの「ドキュメントを保存できませんでした」エラーを修正する方法は?

1. Microsoft Print toPDF機能の使用

外部から取得した部分的に破損したPDFファイルが原因で問題が発生している場合は、代わりにMicrosoft Print to PDF機能を使用することで、「ドキュメントを保存できませんでした(110)」エラーを回避できる場合があります。

この操作は、通常の保存機能が実行するように構成されているいくつかのセキュリティチェックをバイパスすることになるため、ファイルを正常に保存できる可能性があります。

ただし、この操作は完全にデータ損失がないわけではないことに注意してください。この回避策を使用することにより、保存されたファイルには、以前に作成したブックマークやコメントが含まれなくなります。しかし、良いニュースは、ファイルを通常どおりに保存および編集できるようになることです。

「ドキュメントを保存できませんでした(110)」 エラーを回避するために、Microsoft Print toPDF機能を使用するためのクイックガイドは次のとおりです。

  1. Acrobat Readerアプリケーションを開き、問題が発生しているファイルを開きます。
  2. ファイルをAcrobatReaderで開いたら、上部のリボンバーを使用して、新しく表示されたコンテキストメニューから[ファイル]> [印刷]を選択します。
  3. [印刷]メニューに入ることができたら、[プリンタ]に関連付けられているドロップダウンメニューを使用して、[ Microsoft Print toPDF ]に設定します
  4. 次に、[印刷するページ]の下の切り替えが[すべて]に設定されていることを確認します。
  5. すべてが整ったので、[印刷]ボタンをクリックして手順を開始します。
  6. [印刷出力に名前を付けて保存]ウィンドウでプロンプトが表示されたら、適切な場所を選択し、[名前を付けて保存]タイプPDFドキュメントに設定さていることを確認します
  7. [保存]をクリックして操作を完了します

    注:これを実行すると、操作は問題なく完了するはずです。これで、それを開いて通常どおりに使用できるようになります。

場合には「文書は保存された(110)することができませんでした」 エラーが引き続き発生は、以下の次の方法に下に移動します。

2. FoxitReaderでファイルを保存します

影響を受ける多くのユーザーは、「ドキュメントを保存できませんでした(110)」 エラーが発生したときに、この潜在的な修正を正常に展開しています。Foxit ReaderはAcrobatReaderの無料の代替手段ですが、影響を受けた多くのユーザーがこれを使用して、保存できなくなったPDFファイルを修正しています。

注:ここだAcrobatが修復できないというファイルを修正する方法

結局のところ、Foxit Readerは、AdobeReaderにこのエラーをスローさせる可能性のあるいくつかのプロパティを取り除きます。そのため、影響を受ける多くのユーザーは、Foxit Readerを一時的にインストールし、それを使用してファイルを同じ.PDF形式で保存することにより、問題を解決することができました。その後、ほとんどの人が、AdobeReaderが同じエラーをスローすることなく奇跡的にドキュメントを保存できたと報告しています。

FoxIt Readerをインストールして使用し、「ドキュメントを保存できませんでした(110)」 エラーを回避するためのクイックガイドは次のとおりです。

  1. デフォルトのブラウザを開き、このリンク(ここ)にアクセスします。そこに着いたら、[無料でダウンロード]をクリックし、Foxit Readerまで下にスクロールして、 それに関連付けられている[無料ダウンロード]ボタンをクリックします。
  2. プラットフォームと言語を選択し、[ダウンロード]をクリックしてプロセスを開始します。
  3. ダウンロードが完了するのを待ってから、インストール実行可能ファイルを開き、使用許諾契約に同意し、画面の指示に従ってインストールを完了します。

    注:アプリケーションは一部のPUPをインストールしようとすることに注意してください。コンピューターに不要なプログラムをインストールしたくない場合は、「FoxitPhantomPDFの14日間の無料試用版をインストールしない」を選択します。

  4. インストールが完了したら、Foxit Readerを開き[ファイル]> [開く]に移動して、AdobeReaderでエラーをスローしていたファイルに使用します。
  5. ファイルを開いた状態で、[ファイル]> [名前を付けて保存]> [コンピューター]に移動し、問題のあるファイルを保存する場所を選択します。

    注:ファイルを同じ場所に保存することを計画している場合は、必ず別の名前を付けてください。

  6. ファイルの新しいインスタンスが作成されたら、Acrobat Readerで開き、問題が解決したかどうかを確認します。

それでも同じ「ドキュメントを保存できませんでした(110)」 エラーが発生する場合は、以下の次の潜在的な修正に進んでください。

3. NitroProでドキュメントを修復する

上記の2つの潜在的な修正が機能しなかった場合は、破損したPDFファイルを処理していることが原因である可能性があります。この場合、問題を修正するための最善の希望は、破損したPDFファイルを修復できるアプリケーションを使用することです。

そのようなアプリケーションの1つがNitroReader 2です。この無料のアプリケーションには、以前は正常だったPDFファイルを破損する可能性のある問題の大部分を修正する広範な修復機能があります。影響を受けた何人かのユーザーは、Nitro Reader 2でファイルを修復すると、同じ「ドキュメントを保存できませんでした(110)」 エラーをトリガーしなかった同じファイルの新しいインスタンスを保存できることを確認しました。

Nitro Reader2を使用してPDFドキュメントを修復するためのクイックガイドは次のとおりです。

  1. このリンク(ここ)にアクセスし、名前とメールアドレスを入力して、[無料トライアルの開始]をクリックします
  2. ダウンロードした実行可能ファイルがダウンロードされるのを待ちます。ダウンロードが完了したら、インストーラーを開き、NitroProをインストールする場所を選択します。
  3. プロセスが完了するまで待ち、操作が完了したらコンピューターを再起動します。
  4. 次の起動シーケンスで、Nitroアプリケーションを起動し、Open関数を使用して、AcrobatReaderで「ドキュメントを保存できませんでした(110)」 エラーをトリガーしていたのと同じPDFファイルをロードします。
  5. ドキュメントに修正可能なエラーがある場合は、「このファイルは破損(破損)しており、修復されました」のようなメッセージが表示されます。
  6. 上記のメッセージが表示された場合は、[ファイル]> [名前を付けて保存]> [PDFドキュメント]に移動し、修復されたインスタンスを新しい場所に保存します。
  7. 次に、Acrobat Readerを使用して同じドキュメントを開き、問題が解決したかどうかを確認します。

それでも同じ「ドキュメントを保存できませんでした(110)」 エラーが発生する場合は、以下の次の方法に進んでください。

4.Sejdaでファイルを修復する

問題が何らかの種類のPDF破損によって引き起こされているとかなり確信しているが、Nitroがファイルを修正できなかった場合は、Sejda RepairPDFユーティリティまたは他のサードパーティの代替手段を使用して破損したメタデータを簡単に削除できる可能性があります。

この問題が発生している一部のユーザーは、オンラインPDF修復ユーティリティを使用した後にファイルを修復できることを確認しています。

Sejdaユーティリティを使用して破損したPDFファイルを修復するためのクイックガイドは次のとおりです。

  1. デフォルトのブラウザを開き、このリンク(ここ)にアクセスします。
  2. 正しい場所に到着したら、緑色の[ PDFファイルのアップロード]ボタンをクリックします。
  3. 次に、[開く]メニューから、問題のあるPDFの場所に移動し、それを選択して[開く]をクリックして、修復ユーティリティにロードします。
  4. PDFファイルが正常にロードされたら、[ PDFの修復 ]をクリックして、要求が正常に処理されるのを待ちます。
  5. ファイルが正常に回復した場合は、コンピューターに出力をダウンロードして、問題が解決したかどうかを確認してください。

新しいバージョンのファイルで同じ「ドキュメントを保存できませんでした(110)」 エラーが引き続き表示される場合は、以下の次の方法に進んでください。

5.Chromeでファイルを保存する

結局のところ、「ドキュメントを保存できませんでした(110)」エラーの原因となる可能性のあるメタデータをクリアするために、必ずしもサードパーティのPDFビューアを使用する必要はありません 。ほとんどの場合、問題はファイル内に隠された特殊文字が原因で発生します。

あるユーザーは、Chromeを使用してこの一時データをクリアすることもできることを発見しました。Chromeでファイルを開き、[印刷]コマンドを使用してファイルを保存できることがわかりました。

「ドキュメントを保存できませんでした(110)」エラーをGoogleChromeから直接修正するための クイックガイドは次のとおりです。

  1. Google Chromeを開き、このリンクにアクセスします(ここ)。そこに着いたら、PDFビューア拡張機能をインストールします。
  2. 拡張機能がインストールされたら、ナビゲーションバーに「chrome:// extensions /」と入力し、Enterキーを押して拡張機能メニューを開きます。
  3. 拡張機能メニューに入ったら、PDFビューアを探します。表示されたら、拡張機能に関連付けられている[詳細 ]ボタンをクリックします。
  4. オプションメニュー内で、設定のリストを下にスクロールし、[ファイルURLへのアクセスを許可する]に関連付けられているトグルが有効になっていることを確認します
  5. 次に、問題のあるPDFファイルをGoogleChromeウィンドウにドラッグアンドドロップします。ブラウザは、最近インストールした拡張子を使用してPDFファイルを自動的に開く必要があります。
  6. PDFファイルをChromeで開いた状態で、右上隅にある[ダウンロード]ボタンをクリックするだけです。

    注:この操作により、問題の原因である可能性が最も高いメタデータが自動的に削除されます。

それでも同じ「ドキュメントを保存できませんでした(110)」 エラーが発生する場合は、以下の次の方法に進んでください。

6.最新バージョンのAcrobatReaderに更新します

結局のところ、この特定の問題は、Adobeによって対処されたフォントの問題が原因で発生する可能性もあります。通常の状況では、プログラムは自動的に更新されるように設計されています。ただし、特定のサードパーティスイートまたはユーザー設定でさえ、アプリケーションの自動更新を停止する場合があります。

影響を受けた何人かのユーザーは、アプリケーションを最新バージョンに更新した後、問題が解決されたことを確認しました。

最新バージョンのAcrobatReaderを使用していることを確認するためのクイックガイドは次のとおりです。

  1. Acrobat Readerを開き、サードパーティのセキュリティスイートがオフになっていることを確認します(ある場合)。
  2. 上部のリボンバーに移動し、[ヘルプ] > [更新の確認]をクリックします
  3. 最初のスキャンが終了するまで待ちます。新しい更新が識別された場合は、画面の指示に従ってアプリケーションの更新を完了します。
  4. コンピューターを再起動し、次回のコンピューターの起動時に問題が解決するかどうかを確認します。
タグアドビ