修正:Windows10の更新後にOutlookが機能しなくなった

電子メールは私たちの生活の重要な部分であり、小さな問題を見つけた場合、あなたの世界全体が崩壊します。システムをアップグレードしたからといって、メールを送信できなかったり、アカウントを数日間同期できなかったりすることを想像してみてください。イライラしませんか?

最新のWindows10アップグレードが導入されたため、ユーザーにとっては未解決のままの問題が山積しています。そのような問題の1つは、Windows10のアップグレード後にクラッシュするなどのOutlookの機能不全です。この状況でも立ち往生している場合は、次の手順を実行します。

方法1:アドインを無効にする

  1. この問題を解決するには、Windows + Rキーを押してセーフモードでOutlookを起動することをお勧めします。実行ボックスが開きます。
  2. [ファイル名を指定して実行]ボックスに次のコマンドを入力し、[OK]をクリックします。
    Outlook.exe / safe
  3. Outlookをセーフモードで操作できる場合、次のステップはアドイン無効にすることです。これを行うには、次の手順に従います。
  4. [ファイル]> [オプション]> [アドイン]に移動します
  5. [管理:COMアドイン]から、[移動]ボタンを選択します。[アドイン]チェックボックスをオフにして無効にします。

方法2:ファイルのアクセス許可を変更する

この問題が発生するもう1つの理由は、アップグレードによるデータの破損です。このエラーは、まだ権限がないためにファイルを開くことができないことを通知する場合があります。

  1. デスクトップでフォルダを開き、ドキュメントを開きます。
  2. 次に、Outlookファイルを開いて、それらのセキュリティアクセス許可を確認します。
  3. あなたは見つけるでしょう.pstファイルメールアカウントのために。
  4. ホームユーザーのアクセス許可が削除された場合は、それらを許可します。コンピュータを再起動すると、うまくいけば、アカウントは正常に機能します。

方法3:Outlookをセーフモードで開く

  1. Outlookアプリをセーフモードで起動します。これを行うには、Windows + Rキーを押すだけです。実行ボックスが開きます。
  2. 実行時に、Outlook.exe / safeと入力し、Enterキーを押します。これで、セーフモードで作業できます。
  3. また、アドインを無効にする必要があります。それらを無効にするには、[ファイル]メニューをクリックして[オプション]に移動します。
  4. アドインをクリックします
  5. 「をクリックして行く」の「管理COM広告イン」。チェックボックスをオフにすると完了です。

方法4:Windowsのクリーンインストール

システムチェッカーがエラーファイルを見つけられない場合は、Windowsのクリーンインストールを実行することもできます。その前に、データと重要なファイルがプロセス中に削除されないように、適切にバックアップしてください。上記の解決策のいずれも機能しない場合は、Outlookを再インストールしてみてください。

方法5:以前のバージョンに戻す(最新の修正-2020年7月16日)

Outlookが機能しない(クラッシュと初期化の失敗を含む)両方のケースで見つかった別の回避策は、以前のビルドに戻すことでした。現在のバージョンが機能しない場合は、前のバージョンに戻すことで間違いなくうまくいきます。

ここでのひねりは、元に戻すことができる最新の安定したOutlookバージョンを見つけることです。SlipstickOutlookのバージョン履歴やOffice365の公式バージョン履歴などのサードパーティのWebサイトを確認できます。バージョン番号を特定したら、下のコマンドプロンプトを使用してバージョン番号に戻すことができます。

  1. Windowsアイコンを右クリックし、管理者としてコマンドプロンプトを開き ます
  2. 次に、次のコマンドを実行して、必要なディレクトリに移動します。
     cd“ c:\ Program Files \ Common Files \ microsoft shared \ ClickToRun”
  3. ディレクトリに移動したので、次のコマンドを使用して安定したバージョンに戻します。' updatetoversion = 'の後に書かれたバージョン番号を正しいバージョンに置き換えます。更新後にOutlookがクラッシュし始めた2020年7月16日の時点で、このバージョンは入手可能な中で最も安定したバージョンでした。
    officec2rclient.exe / update user updatetoversion = 16.0.12827.2047

Outlookを再度開く前に、必ずコンピューターを完全に再起動してください。資格情報の再入力が必要になる場合がありますが、それ以外の場合は問題ありません。