構成レジストリデータベースが破損しています

構成レジストリデータベースが破損しています」は、WindowsユーザーがMicrosoft Officeプログラムを起動しようとしたとき、またはWindows 7、Windows 8.1、およびWindows10で利用可能な特定のネイティブユーティリティまたはプログラムを展開しようとしたときに通常表示されるエラーです。

結局のところ、この特定のエラーコードをトリガーする可能性のあるいくつかの異なる原因があります。

  • Officeのインストールの破損–最近のAVスキャンでMicrosoft Officeに属するファイルまたは依存関係が検疫された場合、レジストリに根ざした何らかの種類の破損が原因でこのエラーが発生する可能性があります。この場合、Microsoft Officeのオンライン修復オプションを使用すると、問題を修正できるはずです。
  • システムファイルの破損–このエラーを引き起こす可能性のある最も一般的なインスタンスの1つは、Microsoft Corpによって署名されたアプリケーションの処理に最終的に影響を与えるある種のシステムファイルの破損です。この場合、SFCを実行して問題を修正できるかどうかを確認してください。およびDISMスキャン。これが機能しない場合は、クリーンインストールや修復インストールなどの手順ですべてのOSコンポーネントをリセットするという核となるオプションを選択してください。
  • サードパーティアプリの競合– DISMやSFCなどのネイティブユーティリティとサードパーティプロセス間の競合が原因で、このエラーが表示される場合もあります。この場合、クリーンブートから手順を繰り返し、問題が解決するかどうかを確認します。それでも発生する場合は、システムの復元を使用してコンピューターを正常な状態に戻すことを検討してください。

方法1:SFCおよびDISMスキャンの実行

構成レジストリデータベースが破損しています」エラーを引き起こす最も一般的なインスタンスの1つは、Microsoftによって署名されたアプリケーションを起動するコンピュータの機能に影響を与える、ある種のシステム破損です。

このシナリオが当てはまる場合は、破損したインスタンスを修正できる組み込みユーティリティをいくつか実行することで、問題を修正できるはずです。開始するための良い方法は、システムファイルチェッカースキャンを実行することです。このユーティリティは、インターネットに接続していなくても完全に機能します。これは、ローカルに保存されたアーカイブを利用して、破損したアイテムを正常な同等のものに置き換えることによって行われます。

注:この操作を開始したら、完了する前に中断しないでください。これを行うと、システムが論理エラーのリスクにさらされ、追加の論理エラーがトリガーされる可能性があります。ストレージとテクノロジーのタイプ(HDDまたはSDD)によっては、この操作に1時間以上かかることが予想されます。

SFCの操作が完了したら、コンピューターを再起動し、次の起動が完了するのを待ちます。コンピュータが起動したら、先に進んでDISMスキャン開始します。

注:展開イメージのサービスと管理は、汚職のために汚染されているファイルのための健康的なコピーをダウンロードするためのWindows Updateのサブコンポーネントに依存しています。このため、この操作を開始する前に、安定したインターネット接続があることを確認することが重要です。

次の起動が完了したら、Windowsコンピュータをもう一度再起動し、以前に「構成レジストリデータベースが破損しています」エラーの原因となったアクションを繰り返して操作が修正されるかどうかを確認します。

同じ問題が引き続き発生する場合、またはSFCまたはDISMスキャンの実行時にこのエラーが正確に表示される場合は、以下の次の潜在的な修正に進んでください。

方法2:クリーンブート状態を実現する

DISM、SFC、システムの復元などのネイティブユーティリティを使用しようとしたときにこのエラーが発生した場合は、サードパーティのスタートアップサービスプロセスによって引き起こされた何らかの干渉に対処している可能性があります。

同じ問題が発生した影響を受けた複数のユーザーは、クリーンブート状態になり、ユーティリティスキャンを繰り返すと、同じ問題は発生しなくなったと報告しています。

まだ行っていない場合は、クリーンブート状態起動するようにWindowsコンピューターを構成し、次の起動が完了するのを待って、「構成レジストリデータベースが破損しています」エラーを回避できたかどうかを確認します。

この操作が成功した場合は、実行したクリーンブート手順をリバースエンジニアリングし、通常モードでブートを再開します。

ただし、このシナリオが当てはまらない場合、または既にクリーンブートを実行しても問題が修正されない場合は、以下の次の潜在的な修正に進んでください。

方法3:Officeインストールの修復(該当する場合)

Word、Excel、PowerpointなどのOfficeアプリケーションを開こうとしたときにこのエラーが表示された場合は、レジストリファイルに起因する破損の問題に対処している可能性があります。

影響を受けるさまざまなユーザーが確認しているように、AVがMicrosoft Officeスイートに属するいくつかのファイルを検疫した後、このエラーが表示されることが予想されます。このシナリオが当てはまる場合、Officeインストールは、関連するすべての破損したレジストリファイルとともにそれ自体を修復できる必要があります。

以下の手順に従って、[プログラムと機能]メニューからOfficeの修復を開始します。

  1. Windowsキー+ Rを押して、[実行]ダイアログボックスを開きます。次に、テキストボックス内に「appwiz.cpl」入力し、Enterキーを押して[プログラムと機能]メニューを開きます。
  2. [プログラムと機能]メニューが表示されたら、インストールされているアプリケーションのリストを下にスクロールして、Officeのインストールを見つけます。
  3. 表示されたら、Microsoft Officeを右クリックし、新しく表示されたコンテキストメニューから[変更]をクリックします。
  4. 次の画面で、[オンライン修復]オプションを選択し、インターネット接続がアクティブであることを確認して、操作が完了するまで待ちます。
  5. 操作が完了するまで待ってから、コンピューターを再起動し、次回のコンピューターの起動時に問題が修正されるかどうかを確認します。

同じ問題が引き続き発生する場合は、以下の次の潜在的な修正に進んでください。

方法4:システムの復元を使用する

上記の修正のいずれも機能しない場合は、インストールされた最近のアプリまたは更新プログラムがMicrosoftOfficeスイートに干渉することになったという事実を検討し始める必要があります。考えられる原因がない場合、マシンを正常な状態に戻す最善の方法は、システムの復元ユーティリティを使用することです。

問題が発生する前の日付の復元ポイントを選択することにより、「構成レジストリデータベースが破損しています」エラーを引き起こした可能性のある変更が強制されないようにする必要があります。

デフォルトでは、システムの復元は、新しいWindowsビルドのインストール、新しいドライバーのインストール、アプリの更新などの重要なシステムイベントで定期的なスナップショットを保存するように構成されていることに注意してください。この動作を変更しない限り(またはパフォーマンス最適化ユーティリティが自動的に変更した場合を除いて)、選択できるスナップショットがたくさんあるはずです。

重要:以前に保存した復元スナップショットを利用すると、その後に行ったすべての変更が元に戻されることに注意してください。

結果を理解している場合は、先に進んでシステムの復元スキャン開始し、操作が完了したかどうかを確認してください。

方法5:すべてのWindowsコンポーネントをリセットする

結果なしでここまで来た場合、従来は解決できなかったある種の破損に対処している可能性があります。このシナリオが当てはまる場合は、クリーンインストールや修復インストール(インプレースアップグレード)などの手順ですべてのWindowsコンポーネントをリセットすることで、問題を修正できるはずです。

簡単な修正を探している場合は、クリーンインストールを行ってください。ただし、これの主なトレードオフは、事前にデータをバックアップできない限り、OSドライブでのデータ損失全体に備えることです。ただし、この方法では、互換性のあるインストールメディアを使用する必要はありません。

ただし、時間があれば、関連するすべてのWindowsコンポーネントをリセットする理想的な方法は、修復インストール(インプレース修復)を実行することです。 これには、互換性のあるインストールメディアを使用する必要があり、プロセス全体が少し面倒ですが、最終的には、個人用アプリケーション、ゲーム、ドキュメント、および個人用メディアをそのままにして、すべてのWindowsコンポーネントを更新できるようになります(現在の場合でも) OSドライブに保存)

タグWindowsエラー