修正:クリエイターの更新後、Windows10でごみ箱を空にできない

数人のWindows10ユーザーが、ごみ箱内のファイルを削除または空にしようとすると、ごみ箱がエラーを作成することについて苦情を申し立てています。一部のユーザーの場合、削除インターフェイスが点滅してWindowsエクスプローラーがクラッシュし、他の一部のユーザーの場合、ごみ箱がクラッシュしたことが通知されます。

この問題の主な原因は、組み込みのごみ箱が正しく機能しないサードパーティのソフトウェアです。Culpritソフトウェアには、Fences、OneDrive、MacTypeが含まれます。これらのソフトウェアを更新するか削除することで、このエラーを修正できます。

簡単な回避策として、CCleanerを使用してごみ箱を空にすることができます。この記事では、別の方法を使用してこの問題を修正する方法を説明します。

方法1:サードパーティソフトウェアの削除/更新

前述のように、特定の3番目のソフトウェアにより、ごみ箱が誤動作する可能性があります。それらを削除する方法は次のとおりです。

  1. ホールド 勝利+ Rをコマンドプロンプトで開くようにappwiz.cplでをクリックし、[OK]を

  2. プログラムウィンドウで、[インストール先]ペインをクリックして、インストールされているアプリケーションを日付順に並べ替えます。ここでは、最近インストールされたアプリケーションを見つけることができます。
  3. 問題の原因であると思われるアプリケーションをダブルクリックして、アンインストールのプロンプトに従います。
  4. PCを再起動し、ごみ箱を使用して問題が解決したかどうかを確認してください。

Fences 2を使用している場合、Windows 10 CreatorsUpdateの後にサポートが終了しました。管理者としてこのツールを実行してから、Fences 3をインストールする必要がある場合があります。MacTypeユーザーは、ソフトウェアを無効にした後、ごみ箱からファイルを削除することもできます。

ソフトウェアを削除するのではなく、アップグレードするため。

  1. 更新するアプリケーションを開きます。
  2. [設定]セクションにアクセスして、[更新]ボタンまたはタブをクリックします。
  3. アップデートをダウンロードして、アプリを再起動します。

ベンダーのWebサイトからアプリケーションをダウンロードして、既存のアプリケーションに対してインストールを実行することもできます。

方法2:ごみ箱をリセットする

一部のユーザーは、ごみ箱をリセットすることでごみ箱を機能させることができました。これがその方法です。

  1. スタートボタンを押し、cmdと入力し、管理者として開いて、管理者特権のコマンドプロンプトを開きます。

  2. 管理者特権のコマンドプロンプトで、次のコマンドを入力します:rd / s / q [ドライブ文字]:\ $ Recycle.bin

    [ドライブ文字]は、ごみ箱をリセットするドライブ文字に置き換えられます。

  3. PCを再起動し、問題が修正されたかどうかを確認します。

方法3:OneDriveを修正する

上記の方法が機能しない場合は、OneDriveを強制終了してみてください。OneDriveはWindows10で問題が発生することが多く、他の場合と同様に、プロセスを強制終了すると問題が解決するはずです。

  1. 押してCtrlキー+ Shiftキー+デルは、プロンプトのコマンドを開きます。[プロセス]タブで、OneDriveを検索します
  2. OneDriveを右クリックし、[タスクの終了]を選択します。
  3. ごみ箱からアイテムを削除してみてください。

方法4:Windowsストアアプリを更新する

Windowsストアアプリもごみ箱の問題を作成する可能性があるため、問題を回避するために更新する必要があります。

  1. [スタート]ボタンをクリックし、「ストア」と入力して、Enterキーを押します。
  2. ストアで、プロフィール画像をクリックし、[ダウンロードと更新]を選択します

  3. [ダウンロードと更新]ウィンドウで、[更新の確認]をクリックし、新しい更新が確認されてインストールされるまで待ちます。
  4. 更新後にPCを再起動し、ごみ箱が正しく機能するかどうかを確認します。