修正:ドライブのスタックをスキャンして修復する

コンピュータの電源を突然オフにすると、システムからドライブをスキャンして修復しているというメッセージが表示される可能性があります。Windowsが実行されているときは、ハードドライブやRAMなどとの間でデータの読み取りと書き込みが継続的に行われます。Windowsを突然閉じると、ハードドライブエラーが発生したり、データの不整合が発生したりする可能性があります。

そのため、次回コンピュータを起動するたびに、Windowsはエラーをチェックし、必要に応じて修正します。この「チェック」には非常に長い時間がかかる場合があります。いくつかのユーザーレポートによると、非常に平均的な時間です。

チェックが滞った場合はどうすればよいですか?

多くの場合、スキャンと修復のダイアログは非常に長い間パーセンテージでスタックします。場合によっては、この長い時間は2〜3時間に延長され、1つのパーセンテージにとどまります。何をすべきか?この厄介な問題を解決する方法は2つあります。 プロセスが完了するのを待つ、Windowsが起動したらすぐにスペースを押す(または押し続ける)ことができます。

最初のオプションを選択した場合、最大24時間連続して待機しなければならない場合があることに注意してください。ユーザーが自分のコンピューターにアクセスできるようになるまで、かなりの時間を待たなければならない場合がありました。それでも、私たちはあなたがすぐに問題を解決するのを手伝うように努めます。

解決策1:すべてのUSBデバイスを取り外す

コンピュータに複数のUSBデバイスまたは外付けハードドライブが接続されている場合、オペレーティングシステムがそれらに対してスキャン操作を実行しようとしている可能性があり、これには余分な時間がかかる可能性があります。

コンピュータが1パーセントで非常に長い間動かなくなった場合は、コンピュータの電源を完全に切り、すべてのUSBデバイスを1つずつ抜いてください。念のため、USBマウスやキーボードを含むすべての外部周辺機器も必ず取り外してください。

すべてのデバイスのプラグを抜いたら、コンピューターを再起動して、プロセスを続行します。0%から始めるのに時間がかかるかもしれませんが、忍耐が鍵です!

解決策2:セーフモードを使用してディスクをチェックする

非常に長い間チェックディスクループでスタックしている場合は、セーフモードに入ってから、チェックディスクを実行してみてください。エラーが存在する場合は、さらにいくつかのコマンドを入力し、Windowsが通常モードで起動すると、プロセスは遅延なしで非常に高速になります。

  1. セーフモードに入ります。セーフモードに入る方法については、記事を確認してください。
  2. セーフモードになったら、Windows + Sを押し、ダイアログボックスに「コマンドプロンプト」と入力し、アプリケーションを右クリックして、[管理者として実行]を選択します。
  3. 昇格したコマンドプロンプトが表示されたら、コマンド「chkdsk」を実行します。「/ F」パラメータを入力しないでください。入力しないと、再び無限ループに陥ります。

  1. 下の画像のようにエラーが発生した場合は、コマンド「chkdsk / scan」を実行します。

  1. スキャン中に「…オフライン修復のためにキューに入れられました」という行が表示された場合、これは、検出した問題を修正する前にWindowsを再起動する必要があることを意味します。

  1. コマンド「chkdsk / spotfix」を入力し、プロンプトが表示されたら「Y」を押します。

  1. 今すぐ再起動するコンピュータを完全にし、仕上げにスキャンを待ちます。うまくいけば、スキャンにかかる時間は短くなり、以前よりも早く終了します。

解決策3:修復の実行-ボリューム–DriveLetterコマンド

ソリューション2が機能しない場合は、セーフモードで別のコマンドを使用してディスクを修復できます。このコマンドは、ディスクのチェックと同様のドライブエラーも検出して修正し、成功した場合は、特定の割合でスタックしないようにします。

  1. セーフモードに入ります。セーフモードに入る方法については、記事を確認してください。
  2. セーフモードになったら、Windows + Sを押し、ダイアログボックスに「PowerShell」と入力し、アプリケーションを右クリックして、[管理者として実行]を選択します。
  3. PowerShellウィンドウが表示されたら、次のコマンドを実行します。
修理ボリューム-ドライブレターC

ここで、最後の文字「C」は、ボリュームCを修復することを示します。修復プロセスが完了したら、コンピューターを再起動して、状態が解決したかどうかを確認します。

どの方法も機能しないのはどうすればよいですか?

どの方法も機能せず、一定の割合でディスクの確認プロンプトが長時間表示されない場合は、辛抱強く待つ必要があります。上で説明したように、解決策は単なる「回避策」です。一部の人には効果があり、他の人には効果がない場合があります。

それらがあなたのために働かない場合でも、心配する必要はありません。ディスクチェックは続行されますが、最終的には完了まで進みます。また、一定の割合でスタックした後、突然100%にジャンプするという兆候も多くありました。したがって、忍耐が鍵となります

2日間などの長期間経過してもコンピュータにアクセスできず、ディスクチェックが常に実行されている場合は、ドライブに関連するエラーがある可能性があります。ドライブを他のコンピューターに接続するか、技術者に確認してもらうことをお勧めします。外付けドライブから起動している場合は、このエラーが発生する可能性があり、OSの移行を検討する必要がある場合があります。

ドライブをチェックする前に、セーフモードで起動し、すべてのデータを完全にバックアップする必要があります。