詰まっている、または詰まっているエプソンのプリントヘッドノズルを掃除する方法は?

セイコーエプソン株式会社(エプソン)は、印刷などの画像関連機器の最大の販売代理店の1つである日本を拠点とする電子会社です。プリントヘッドノズルは、カートリッジの下のプリンタ内部にあり、実際に紙にインクをスプレーする役割を果たします。ただし、これらのノズルは時間の経過とともに詰まる可能性があり、印刷プロセスの品質を低下させたり、場合によっては完全に停止させたりする可能性があります。

したがって、この記事では、可能な限り安全な方法でプリンタのヘッドノズルを完全にクリーニングするプロセスについて説明します。機器の紛失を防ぐために、手順とガイドラインに正確に従うようにしてください。

必要な機器:

クリーニングを開始する前に、プロセスを進めるために次の機器が必要になります。

  • 注射器: 溶液を注入します。
  • 膨満紙: こぼれたものを吸収します。
  • はさみ: 膨満感のある紙を切る
  • 洗浄液: 詰まった粒子を分解します。
  • 注入パイプ: 溶液を注入します。

このサイトからこのすべての機器を入手できます。

詰まっているエプソンのプリンターヘッドノズルを掃除する方法は?

必要な機器を集めたら、実際のプロセスに進みます。正しく行わないと、プリンタに恒久的な損傷を与える可能性があることに注意してください。

  1. プリンタで何かを印刷してみてください。
  2. 印刷中にプリンタのプラグを抜くと、カートリッジの取り外しとプリントヘッドへのアクセスが簡単になります。
  3. プリンタの上部を取り外し、インクカートリッジを保持しているキャリッジをスライドさせて、すべてのカートリッジを1つずつ取り外します。
  4. カートリッジが乾かないように、カートリッジを紙で包みます。
  5. 印刷液のキャップを外し、下図のようにボトルを温水に入れます。
  6. プリントヘッドの下のレールに合うあぶらとり紙を2枚切ります。
  7. 用紙をプリントヘッドキャリッジの下にスライドさせ、一方のヘッドがキャリッジのもう一方の端から出ていることを確認します。
  8. 注射器に注入パイプを取り付け、注射器にしっかりと巻かれていることを確認します。
  9. シリンジ内に約2mlの洗浄液を注入します。
  10. プリントヘッドの周りにパイプをしっかりと置き、こぼれる余地がないことを確認します。
  11. 約5分間待った後、プリントヘッド内に溶液をゆっくりと注入します。

    注:抵抗が大きすぎる場合は、力を入れすぎないように注意してください。 プロセスを停止して、プリンターに損傷がないかチェックしてください。

  12. パイプを取り付けたまま5分間
  13. パイプを取り外した後、前に挿入したプリントヘッドキャリッジの下から膨らんだ紙を取り除きます。
  14. 入れて後ろにカートリッジをして頭を閉じます。
  15. 実行して、プリンタのセルフクリーン機能の少なくとも2または3回。
  16. これで、プリンタヘッドがクリーニングされ、目詰まりが解消されます。