Windows7 / 8および10でアカウントからペアレンタルコントロールを削除する方法

マイクロソフトは、すべてのデバイスとオペレーティングシステムでペアレンタルコントロールを提供し、子供が自分の年齢に適さないものにアクセスしないようにします。これは非常に便利な機能の1つですが、常にオンにすると、ユーザーの迷惑になる可能性があります。すべての機能を使用する権利を持っている大人がすべてにアクセスすることもできません。したがって、オフにすることはオンにすることと同じくらい重要です。

Windowsのバージョンが異なれば、家族の安全を維持するプログラムも異なります。したがって、それらをオフにするさまざまな方法があります。この記事では、Windows XP、Windows 7、Windows Vista、およびWindows10でファミリーセーフティを元に戻すために採用できるすべての方法を示します。

ペアレンタルコントロールがオンになっているWindows7の場合

ヒットスタートタスクバーの左端にあるボタンを。右側の列には、コントロールパネルがあります。「ユーザーアカウントと家族の安全」という見出しをクリックします。そこに入ると、ペアレンタルコントロールが表示されます。それをクリックしてオフに設定します。これにより、すべてのユーザーアカウントでオンになっている可能性のあるペアレンタルコントロールがオフになります。

Windows 7、Vista、およびWindowsEssentialsを搭載したXPの場合

前述のようにコントロールパネルに移動し、[プログラム]の見出しの下にある[プログラムのアンインストール]をクリックします。入力されたプログラムのリストで、WindowsEssentialsを検索します。それを選択し、[アンインストール/変更]をクリックします。このオプションは、[整理]の横のリストの一番上にあります。次に、横にあるチェックボックスのチェックを外しファミリーセーフティと続けます。示されている残りの手順に従います。

これで、タスクの半分が完了しました。システム再起動して、行った変更をマシンに適合させます。この後、Webブラウザーを開き、// account.microsoft.com/familyと入力して、ファミリーのセットアップに使用したアカウントでサインインします。安全から身を引くために、あなたは最初にすべての子供たちを取り除く必要があります。これを行うには、[子を選択]をクリックして、設定を削除または編集します。ここに来たら、子供を1人ずつ選択し、削除します。次に、メインの家族のWebページ戻り、Adultsという名前のセクションの上にある[削除]を選択する必要があります。自分を選択して削除を押します。これで、アカウントはついにペアレンタルコントロールから解放されました。

Windows10の場合

Webブラウザーを開き、アドレスバーに//account.microsoft.com/familyと入力します。開いたWebページで、アカウントでサインインします。これで、大人と子供という2つのセクションができます。プライバシーから削除したいものを選択してください。自分を削除したい場合は、アダルトセクションになります。ただし、自分自身を削除する前に、すべての子を削除する必要があります。いずれかのセクションに移動し、プライバシーから削除するアカウントを選択して、[削除]をクリックします。

タグペアレンタルコントロール