修正:次のエラーのためにセッション「EventLog-AirSpaceChannel」が停止しました:0xC0000188

このエラーは、システムクラッシュ(BSOD)として現れ、Windowsユーザーの間ではあまり一般的ではないため、ユーザーには非常に怪しげに見えます。エラーの原因はシナリオごとに異なりますが、Officeツールが原因であると言っても過言ではありません。

このエラーは、Office2016およびOffice2013のパフォーマンストレースログ、ログ自体がいっぱいまたはほぼいっぱいであることを示す警告です。開発者が犯した間違いは、リリース前にログを無効にするのを忘れていたことです。とにかく、問題は以下に示す方法の1つを使用して解決できます!

次のエラーが原因で「セッション「EventLog-AirSpaceChannel」が停止した原因:0xC0000188」の問題の原因は何ですか?

このエラーを引き起こす可能性のある問題のリストはそれほど多くはなく、多くの場合、同じログファイルがいっぱいになったか、その状態に近づいています。ただし、ログファイル内の情報の重要性に応じて、この問題に対処する方法はいくつかあります。

  • ファイルがいっぱいになり、同じサイズを維持するために最も古いコンテンツを上書きできるようにプロパティを変更するオプションがあります。これは、ログが重要であると考えていない人に適しています(Microsoft Officeに関連しているため、システムにとって重要ではありません)。
  • ファイルがいっぱいまたはほぼいっぱいであり、大量のデータを保持できるようにするために、最大サイズを変更するオプションがあります。これは、上書き時に失われる情報を失いたくないユーザーに最適です。
  • 3番目のオプションは、ログを完全に無効にすることですが、このデータは永久に失われます。Officeとシステムは引き続き正常に機能します。

解決策1:ログのプロパティをCircularに変更する

ログの現在のプロパティでは、おそらくそれ自体を上書きすることはできませんが、すぐにいっぱいになり、警告のためにこのエラーメッセージがコンピュータに表示されます。ログがいっぱいになったときにログが単にそれ自体を上書きできれば、はるかに良いでしょう。

これがまさにCircularオプションの目的であり、AirSpaceChannelログのこの設定を変更する方法を2つ紹介します。

  1. 同時に、これらのキーを押します(キーボードのWindowsキー+ Rキーの組み合わせを使用して実行ユーティリティを起動します。「と入力し[compmgmtへのショートカット]の.mscをサービスツールを開くために引用符なしで新しくオープンしたボックスに」し、[OK]をクリックします。 。

[実行]ダイアログボックスからのコンピューター管理の実行

  1. 別の方法は、スタートメニューにあるコントロールパネルを開くことです。スタートメニューの検索ボタンを使用して検索することもできます。
  2. [コントロールパネル]ウィンドウが開いたら、ウィンドウの右上にある[表示方法]オプションを[大きいアイコン]に変更し、[管理ツール]エントリが見つかるまで下にスクロールします。それをクリックして、上部にある[コンピューターの管理]ショートカットを見つけます。それをクリックして開きます。
  1. いずれの場合も、[コンピューターの管理(ローカル)] >> [システムツール]の下の[パフォーマンス]メニューを展開し、[データコレクターセットの選択]メニューを展開して展開します。
  2. このメニューで、[スタートアップイベントトレースセッション]オプションを開き、リストから[EventLog-AirSpaceChannel]エントリを見つけます。
  1. リストでこのエントリを右クリックし、表示されるコンテキストメニューから[プロパティ]を選択します。[プロパティ]ウィンドウの[ファイル]タブに移動し、[ログモード]セクションで[上書き]または[循環]を選択します。変更を適用し、問題が引き続き発生するかどうかを確認します。

ログの設定を循環または上書きに変更する2番目の方法は、イベントビューアからです。

  1. [スタート]メニューにあるコントロールパネルを開きます。スタートメニューの検索ボタンを使用して検索することもできます。
  2. [コントロールパネル]ウィンドウが開いたら、ウィンドウの右上にある[表示方法]オプションを[大きいアイコン]に変更し、[管理ツール]エントリが見つかるまで下にスクロールします。それをクリックして 、上部にあるイベントビューアのショートカットを見つけます。それをクリックして開きます。
  1. 左側のメニューから、「アプリケーションとサービスのログ」セクションを右クリックし、「表示」>>「分析ログとデバッグログの表示」を選択します。
  2. その後、Microsoft >> Office >> AirSpaceに移動します。画面の右側にメニューが表示されるはずなので、そこにある[プロパティ]ボタンを見つけてクリックします。
  1. [プロパティ]ウィンドウが開きます。[全般]タブにとどまり、[最大イベントログサイズに達しとき]の下のチェックボックスをオンにします。ラジオボタンを[必要に応じてイベントを上書きする]変更し(最も古いイベントが最初)、変更を適用します。それでもエラーが表示されるかどうかを確認してください。

解決策2:最大ログサイズを増やす

同じメニューから試すことができる別のオプションもあります。これにより、ログのサイズが効果的に増加し、アクティビティをより長く追跡できるようになります。このオプションとそのプロパティをCircularに変更することの基本的な違いは、上書きによってデータを使用しないことです(これは、プロパティをCircularまたはOverwriteに変更するときに行われます)。これは、セキュリティを重視する一部のユーザーにとって重要な場合があります。

  1. [スタート]メニューにあるコントロールパネルを開きます。スタートメニューの検索ボタンを使用して検索することもできます。
  2. [コントロールパネル]ウィンドウが開いたら、ウィンドウの右上にある[表示方法]オプションを[大きいアイコン]に変更し、[管理ツール]エントリが見つかるまで下にスクロールします。それをクリックして、上部にあるパフォーマンスモニターのショートカットを見つけます。それをクリックして開きます。
  3. [データコレクタセット]セクションを展開し、[スタートアップイベントトレースセッション]をクリックします。リストから 'EventLog-AirSpaceChannelエントリを見つけます。
  4. それを右クリックして、[プロパティ]を選択します。[停止条件]タブに移動し、[最大サイズ]チェックボックスがオンになっていることを確認して、より大きなサイズに変更します。変更を適用し、エラーが引き続き表示されるかどうかを確認してください。

解決策3:レジストリキーを変更して問題のあるログを無効にする

上記の方法で問題の解決に失敗した場合は、このログを完全に無効にしてみてください。これは、コンピューター上のどのプロセスにとっても重要ではないためです。Officeのパフォーマンスの問題に気付いた場合でも、以下に示すのと同じ方法でプロセスを簡単に元に戻すことができます。

  1. 検索バー、[スタート]メニュー、またはWindowsキーとRキーの組み合わせでアクセスできる[ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスのいずれかに「regedit」と入力して、レジストリエディタウィンドウを開きます。左側のペインでナビゲートして、レジストリ内の次のキーにナビゲートします。
HKEY_LOCAL_MACHINE \ Software \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ WINEVT \ Channels \ AirSpaceChannel
  1. このキーをクリックして、ウィンドウの右側にあるEnabledというREG_DWORDエントリを見つけてください。そのようなオプションが存在する場合は、それを右クリックして、コンテキストメニューから[変更]オプションを選択します。
  1. [編集]ウィンドウの[値のデータ]セクションで、値を0に変更し、行った変更を適用します。このプロセス中に表示される可能性のあるセキュリティダイアログを確認します。
  2. これで、[スタート]メニュー>> [電源]ボタン>> [再起動]をクリックしてコンピューターを手動で再起動し、問題が解決したかどうかを確認できます。