修正:このiPhoneに必要なドライバーがWindows10にインストールされていない

Macbookをお持ちでない場合は、WindowsでiPhoneのデータをバックアップするために使用できるAppleデバイス専用のアプリケーションがあります。ただし、アプリケーションを機能させるには、必要なドライバーがあることを確認する必要があります。システムにドライバがインストールされていない場合、アプリケーションを実行しようとするたびに次のエラーメッセージがポップアップ表示されるため、アプリケーションを起動できません。

通常、iPhoneをシステムに接続すると、Windowsによってドライバーが自動的にインストールされます。デスクトップ版のiTunesをお持ちの場合、Windowsがインストールしない場合は、ドライバがインストールされます。ただし、一部のユーザーは、iTunesアプリのUWPバージョンを使用して、システム上のデータのバックアップを作成します。欠点は、デスクトップ版のiTunesをアンインストールする必要があることです。UWPアプリを起動すると、エラーが発生したためにドライバーとともにデスクトップバージョンがアンインストールされます。

iTunesのUWPバージョンとは何ですか?どのように異なりますか?

UWPまたはユニバーサルWindowsプラットフォームは、Microsoftによって作成されたオープンソースのアプリケーションプログラミングインターフェイスです。このようなプラットフォームの作成の背後にある考え方は、開発者がユニバーサルアプリケーションを作成できるようにすることです。つまり、別のプラットフォーム用に書き直すことなく、Windows 10、Windows 10Mobileなどで実行できます。 Appleは2018年の初めにiTunesのUWPバージョンをリリースし、それ以来、より良いものにしようと努めてきました。

通常のiTunesバージョンとUWPバージョンの違いは非常に明確です。通常のバージョンは特定のプラットフォーム用ですが、UWPバージョンはさまざまなプラットフォームで使用できます。UWPバージョンを実行すると、前述のように、通常のバージョンのiTunesが、エラーメッセージの原因となる必要なドライバーとともに自動的にアンインストールされます。UWPバージョンには、必要なドライバーを自動的にインストールする機能がありません。これにより、エラーメッセージが表示されます。

問題を解決するには、iPhoneドライバーを再度インストールする必要があります。以下の解決策に従うことでこれを行うことができます:

解決策1:デバイスを再接続します

問題を修正する方法の1つは、Windowsにドライバーを自動的にインストールさせることです。これを行うには、iPhoneを取り外してから、再度接続する必要があります。これにより、Windowsは新しいデバイスのドライバーを検索し、インストールします。したがって、大きなハードルを通過することなく、問題が修正されます。これが機能しない場合は、ドライバーを手動でインストールする必要があります。

解決策2:ドライバーを手動でインストールする

Windowsがドライバーを自動的にインストールしない場合は、手動でインストールできます。ドライバーを手動でインストールするには、デバイスを接続してから、以下の手順に従います。

  1. 移動し、[スタート]メニューに入力し、デバイスマネージャと、それを開きます。
  2. [ポータブルデバイス]リストを展開し、iPhoneドライバーを右クリックして、[ドライバー更新]を選択します。
  3. その後、[更新されたドライバソフトウェアを自動的に検索する]オプションをクリックします。
  4. ドライバがインストールされたら、デバイスマネージャを閉じます。

これにより、ドライバが再度インストールされ、iTunesアプリを実行できるようになります。