イベントビューアでSSLクライアント資格情報を作成中に致命的なエラーが発生しました

「SSLクライアントの資格情報の作成中に致命的なエラーが発生しました」彼らはオフィス関連するエラーメッセージを繰り返し取得し、彼らが使用してクラッシュを調査した後、通常のユーザーによって発見されている問題が、イベントビューアを。ほとんどの場合、調査の結果、エラーはローカルで同期されたSharePointドキュメントライブラリに起因していることがわかりました。

「SSLクライアント資格情報の作成中に致命的なエラーが発生した」エラーの原因は何ですか?

  • システム暗号化ポリシーが無効になっている–ほとんどの場合、この特定の問題は、Schannelに関連するエラーが原因で発生します。この場合、ローカルグループポリシーエディターを使用して、この問題の原因である可能性が最も高い1つのFIPS準拠のアルゴリズムポリシーを有効にすることで、問題を修正できるはずです。
  • 破損したOfficeインストール–この問題を助長する可能性のあるもう1つの潜在的な原因は、破損したOfficeインストールです。このシナリオが当てはまる場合は、Officeインストール全体を修復または再インストールすることで、この問題を修正できます。
  • TLS 1.0が有効になっていない–非常に古いOfficeインストールでは、TLS 1.0が有効になっていないため、このエラーが表示される場合があります。これはお勧めしませんが、TLS 1.0が復元されるようにレジストリを調整することで、この場合の問題を修正できます。

「SSLクライアント資格情報の作成中に発生した致命的なエラー」エラーを修正するにはどうすればよいですか?

  • 1.システム暗号化ポリシーを有効にします
  • 2. MicrosoftOfficeを修復/再インストールします
  • 3. TLS 1.0を有効にします(非推奨)

1.システム暗号化ポリシーを有効にします

結局のところ、「SSLクライアント資格情報の作成中に発生した致命的なエラー」エラーの 大部分はSchannelに関連しています。Schannelは、WindowsプラットフォームでのSecurity Socket Layer(SSL)またはTransport Layer Security(TLS)暗号化の使用を容易にするMicrosoftの最も安全で人気のあるパッケージであることに注意してください。

結局のところ、この問題の出現にしばしば責任がある1つの特定のポリシーがあります暗号化、ハッシュ、および署名のためのFIPS準拠のアルゴリズム

影響を受けた数人のユーザーが、Gpedit(ローカルグループポリシーエディター)ユーティリティを使用してこのポリシーを有効にした後、問題が解決したと報告しています。

「SSLクライアント資格情報の作成中に発生した致命的なエラー」の問題を解決するために、暗号化、ハッシュ、および署名のためにFIPS準拠のアルゴリズムを 有効にするためのクイックガイドは次のとおりです。

  1. 押してWindowsキー+ Rを開くためにファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを。次に、テキストボックス内に「gpedit.msc」入力し、Enterキーを押してローカルグループポリシーエディターを開きます。
  2. ローカルグループポリシーエディターに移動したら、左側のセクションを使用して、[コンピューターの構成]> [Windowsの設定]> [セキュリティの設定]> [ローカルポリシー]> [セキュリティのオプション]に移動します。
  3. 正しい場所にたどり着いたら、右側のセクションに移動し、ポリシーのリストを下にスクロールして、システム暗号化を見つけます。暗号化、ハッシュ、および署名にFIPS準拠のアルゴリズムを使用します。

  4. システム暗号化をダブルクリックします 暗号化、ハッシュ、および署名にFIPS準拠のアルゴリズムを使用ます。 [プロパティ]ウィンドウで、[ローカルセキュリティ設定]タブを展開し、ポリシーを[有効にする]に設定してから、[適用]をクリックして変更を保存します。
  5. コンピュータを再起動して、問題が解決したかどうかを確認します。

この方法を実行しても、「SSLクライアント資格情報の作成中に致命的なエラーが発生した」という同じ問題が引き続き発生する場合は、以下の次の潜在的な修正に進んでください。

2. MicrosoftOfficeを修復/再インストールします

影響を受ける多くのユーザーが「SSLクライアント資格情報の作成中に発生した致命的なエラー」の問題を修正するために使用したもう1つの一般的な修正は、Officeインストールを修復または再インストールすることです。

修復機能は再インストール手順と同じではないことに注意してください。多くのユーザーにとって、最新バージョンのMicrosoft Officeをアンインストールしてインストールすると、修復による問題の修正に失敗した後、ようやくうまくいきました。

:Officeアプリケーションが応答しなくなった場合の対処方法は次のとおりです。

これは、SSLクライアント資格情報の作成中に発生した「致命的なエラー」イベントビューアエントリを排除するためのMicrosoftOfficeの修復または修復に関するクイックガイドです。

  1. 押してWindowsキー+ Rを開くためにファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを。テキストボックス内に「appwiz.cpl」入力し、Enterキーを押して[プログラムと機能]ウィンドウを開きます。
  2. [プログラムと機能]画面が表示されたら、インストールされているアプリケーションのリストを下にスクロールして、Officeのインストールを見つけます。リストを特定できたら、リストを右クリックして、新しく表示されたコンテキストメニューから[変更]を選択します。
  3. 最初の修復プロンプトで、シナリオに最も適したオプションを選択します。オンライン修復はより効果的なプロセスですが、時間がかかり、成功するには安定したインターネット接続が必要になります。決定したら、適切な修復方法を選択し、[修復]ボタンをクリックします。
  4. 修復プロセスが完了したら、コンピュータを再起動し、SSLクライアント資格情報の作成中に発生した同じ「致命的なエラー」エラーメッセージの新しいエントリがないかイベントビューアをチェックして、次回のシステム起動時に問題が解決するかどうかを確認します。

    注:同じ問題が引き続き発生する場合は、以下の手順に進んでください。

  5. 手順1をもう一度実行して、[プログラムと機能]メニューを開きます。そこに戻ったら、Officeのインストールをもう一度見つけて右クリックしますが、[変更]をクリックする代わりに、[アンインストール]をクリックしてインストール全体を削除します。
  6. 確認プロンプトで、[アンインストール]をクリックしてアンインストールプロセスを完了し、コンピューターをもう一度再起動します。
  7. 次の起動シーケンスが完了したら、インストールメディアを使用してOfficeスイートを再インストールするか、このリンク(ここ)にアクセスして、ライセンスキーと互換性のあるインストーラーをダウンロードします。
  8. インストールが完了したら、問題が発生していたシナリオを複製して、問題が解決したかどうかを確認します。

それでも同じ問題が発生する場合は、以下の次の方法に進んでください。

3. TLS 1.0を有効にします(非推奨)

潜在的に危険な修正の1つですが、影響を受ける複数のユーザーに対して有効な修正は、TLS1.0を有効にすることです。これにより、古いOfficeインストールで「SSLクライアント資格情報の作成中に致命的なエラーが発生し」エラーが発生した場合に問題が修正される可能性があり ます。

ただし、問題は、TLS 1.0が2020年にすでに廃止されている暗号化プロトコルであるということです。このキーを有効のままにしておくと、長期的にはシステムがセキュリティリスクにさらされる可能性があります。

リスクを理解し、この修正をさらに進める準備ができている場合は、次のことを行う必要があります。

  1. 押してWindowsキー+ Rを開くためにファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを。テキストボックス内に「regedit」入力し、Enterキーを押してレジストリエディタを開きます。ユーザーアカウント制御(UAC)のプロンプトが表示されたら、[はい]をクリックして管理者アクセスを許可します。
  2. Regedit Editorに入ったら、左側のセクションを使用して次のディレクトリに移動します。
    HKEY_LOCAL_MACHINE \ SYSTEM \ CurrentControlSet \ Control \ SecurityProviders \ SCHANNEL \ Protocols \ TLS 1.0
  3. 正しい場所に到着したら、クライアントサブフォルダーにアクセスし、右側のセクションに移動して、[データ有効にする]をダブルクリックします。内側後、セットベースのし、にデータ1

  4. ダブルクリックで次に、DisabledByDefaultとセットベースのし、のデータを1
  5. サーバーサブフォルダーに含まれているEnabledDataDisabledByDefaultDataを使用して手順3を繰り返します。
  6. 変更が加えられたら、コンピュータを再起動して、問題が解決したかどうかを確認します。
タグSSL