修正:Windowsで「ExchangeActiveSyncポリシーブローカー」ダイアログを無効にする

迷惑なメッセージやエラーがときどきポップアップすることなくWindowsを使用すると、夢が叶ったように聞こえます。ただし、Windows10などのWindowsOSのすばらしいバージョンを使用しても、この夢はまだ実現できないようです。Windowsが今日の市場で非常に人気がある理由は、ユーザーに優れた変更オプションを約束し、ほぼ互換性があるためです。市場に出回っているすべてのアプリ。

ただし、ユーザーはMac OS Xに切り替え始めました。これは、Mac OS Xが非常に理解しやすく、使いやすく、ほとんどエラーのないパフォーマンスで迅速なエクスペリエンスを提供するためです。この厄介な問題を解決する方法を見つけましょう!

「ExchangeActiveSyncポリシーブローカー」ユーザーアカウント制御ポップアップを無効にする方法

この特定の問題は通常、累積的な更新の直後に発生し始め、長い間ユーザーを悩ませてきました。この特定の問題は単独では発生せず、通常、テーブルにいくつかの追加の問題が発生しますが、修正が非常に難しい場合があります。

この問題は、「このアプリにPCへの変更を許可しますか?」というユーザーアカウント制御(UAC)で構成されています。質問のアプリとしてExchangeActiveSyncポリシーブローカーを参照します。この問題を簡単に修正する方法を見つけましょう!

解決策1:Microsoftアカウントではなくローカルアカウントに切り替える

ローカルアカウントを使用すると問題が解決する場合があり、これらのUACプロンプトはUACによって自動的に処理されます。ただし、目的を持ってMicrosoftアカウントを使用していて、通常どおり使用したい場合があります。ローカルアカウントに切り替えた場合でも、それを必要とするアプリにはMicrosoftアカウントを使用できます。

  1. [スタート]メニューの検索バーに移動し、次のように入力して、最初の結果をクリックします。

「アカウントの写真またはプロフィールの設定を変更する」

  1. 設定アプリが[アカウント]セクションで開きます。
  2. [アカウント]サブメニューで、代わりに[ローカルアカウントサインイン]をクリックします。すでにローカルアカウントを使用している場合は、「代わりにMicrosoftアカウントでサインインしてください」という別のオプションが表示されます。
  3. アカウントをローカルアカウントに変更するには、Microsoftアカウントの現在のパスワードを再入力する必要があります。
  4. 正しいパスワードを入力したら、ユーザー名、パスワード、パスワードのヒントを入力して、ローカルアカウントを設定する必要があります。
  5. 最後の画面で、[サインアウト]をクリックして終了します。

解決策2:Outlookへの切り替え

これは、この迷惑なUACポップアップメッセージを取り除くために試すことができる2番目の回避策です。この特定の問題はメールアプリのExchangeアカウントに関連しているため、アプリから削除してOutlookまたはサードパーティのメールマネージャーに切り替えます。

  1. スタートメニューの検索バーでメールアプリを検索して開きます。
  2. メールウィンドウの左側のセクションで、右側のペインに[設定]を開く歯車アイコンがないか下部を確認します。
  3. [アカウントの管理]という名前の最初のオプションをクリックします
  4. 設定を管理するには、Exchangeアカウントをクリックします。
  5. ウィンドウが開いたら、[アカウントの削除]オプションをクリックして、このアカウントをメールアプリから削除します。
  6. [保存]ボタンをクリックして、コンピューターを再起動します。
  7. UACメッセージがまだコンピューターに表示されるかどうかを確認します。
  8. そうでない場合は、デフォルトのメールマネージャーのOutlookに自由に切り替えてください。

解決策3:UACのセキュリティレベルを下げる

Exchange Active Syncポリシーブローカーの処理は通常UACによって許可されているため、コンピューターを更新するとすぐにプロンプ​​トが表示されます。新しい累積更新のたびにUAC設定が最高レベルのセキュリティにリセットされるようです。そのため、エラーメッセージを取り除くことができません。

  1. [スタート]メニューでコントロールパネルを検索して開きます。
  2. コントロールパネルの[表示方法]オプションを[小さいアイコン]に切り替えて、[ユーザーアカウント]オプションを見つけます。
  3. それを開き、「ユーザーアカウント制御設定の変更」をクリックします。
  4. スライダーで選択できるいくつかの異なるオプションがあることに気付くでしょう。スライダーがトップレベルに設定されている場合、これらのポップアップメッセージは通常よりも確実に多く受信されます。
  5. 上部のスライダーにある場合は、この値を1つ減らしてみて、効果があるかどうかを確認してください。
  6. アプリがコンピューターに変更を加えようとしたときやWindowsの設定に変更を加えたときに通知されないため、完全にオフにしないことをお勧めします。

解決策4:レジストリの調整

ユーザーアカウント制御のセキュリティレベルが最大に設定されていない場合は、簡単なレジストリ修正を介してこれを修正できる可能性があります。これにより、Exchange ActiveSyncポリシーブローカーをUACのCOM自動承認リストに昇格させることができます。コンピュータに変更を加えるたびに、[はい]をクリックする必要があります。

  1. 「regedit」を検索するか、Ctrl + Rキーの組み合わせを使用して開くことができる[実行]ダイアログボックスに「regedit」と入力して、レジストリエディタを開きます。
  2. 次の場所に、データが1の{C39FF590-56A6-4253-B66B-4119656D91B4}というREG_DWORDレジストリエントリがあるかどうかを確認します。

HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows NT \ CurrentVersion \ UAC \ COMAutoApprovalList

  1. 存在しない場合は、COMAutoApprovalListフォルダーを右クリックし、[新規] >> [DWORD(32ビット)値]を選択して、上記の場所に作成してください。
  2. {C39FF590-56A6-4253-B66B-4119656D91B4}という名前を付け、その値を1に設定します。
  3. リストにExchangeActive Syncポリシーブローカーが含まれていることを確認したら、ツールが昇格されているかどうかを確認しましょう。次のキーが存在することを確認してください。

HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Classes \ CLSID \ {C39FF590-56A6-4253-B66B-4119656D91B4} \ Elevation

  1. {C39FF590-56A6-4253-B66B-4119656D91B4}キーを右クリックし、[新規] >> [キー]を選択して作成されない場合。Elevationという名前を付けます。
  2. Elevationキーで、EnabledというDWORDがあり、その値が1に設定されていることを確認します。
  3. コンピュータを再起動するとすぐに、問題は今すぐ解決されるはずです。
  4. この特定の問題が引き続き発生する場合は、レジストリエディタに戻り、次のキーがその場所に存在する場合は削除します。

HKEY_CURRENT_USER \ SOFTWARE \ Classes \ CLSID \ {C39FF590-56A6-4253-B66B-4119656D91B4}