修正:メディアライブラリが破損している

メディアライブラリが破損しています」エラーは、Windows MediaPlayerライブラリデータベース自体またはそこに保存されている情報が破損した場合に発生します。通常、データベースはデータベースの破損から自動的に回復できるはずですが、場合によっては、破損がそのような性質のものであるため、回復プロセスを手動で行う必要があります。あなたもこの問題に直面している場合は、次の2つの方法を試すことができます。

これらの方法は、Windows7 / 8および10に適用されます。

方法1:データベースを削除する

最初の方法では、破損したデータベースデータをコンピューターから消去します。Windows Media Playerは、データベースを再起動すると、データベースを自動的に再構築するため、心配する必要はありません。

押してWindowsキー+ Rの実行]ダイアログを起動します。

タイプ%LOCALAPPDATA%\マイクロソフト\ Media Playerの それへとヒット

(存在するフォルダーではなく)フォルダー内のすべてのファイルを選択し、Deleteキーを押してそれらを削除します。今すぐWindowsMediaPlayerを再起動します。

上記の方法で問題が解決しない場合は、次の方法を試してください。

方法2:データベースキャッシュファイルを削除する

この方法は、Windows 7 / Vistaユーザーにのみ適用できます。

押してWindowsキー+ Rの実行]ダイアログを起動します。

その中に%LOCALAPPDATA%\ Microsoftと 入力し、をクリックします

エクスプローラウィンドウから、にあなたの方法をスクロールメディアプレーヤーフォルダーと削除

Windows MediaPlayerを再起動します。

もう一度、再起動すると、Windows MediaPlayerは必要なファイルを再構築します。上記の2つの方法を試したが、「現在のデータベースはWindows Mediaネットワーク共有サービスで開いているため削除できません」というエラーが発生した場合は、次の手順に従ってサービスを閉じてから、削除を再試行してください。

Windowsキー+ Rを押して、実行ダイアログを再度開きます。

今、入力services.mscと、フィールドにキーを押し入力してください。

サービスのリストから「WindowsMediaネットワーク共有サービス」を見つけます

サービスが実行中であることが示されている場合(実行されているはずです)、サービスを右クリックして[停止]を選択します

これによりサービスが停止するため、削除を続行できます。コメントでそれをどのように機能させたかを知らせてください!