修正:ERR_SSL_BAD_RECORD_MAC_ALERT

一部のユーザーは、一部のWebアドレスにアクセスしようとするとERR_SSL_BAD_RECORD_MAC_ALERTエラーが発生 するという不満を持ってい ます。影響を受けるほとんどのユーザーは、accounts.google.com(すべてではないにしても、ほとんどのGoogleサービスのログインを処理するアドレス)に接続しようとしたときにのみこのエラーが発生することを報告しています。ただし、影響を受けるほとんどのユーザーが、同じWebアドレスに異なるWebブラウザーからもアクセスできないと報告しているため、この問題はGoogleChromeに限定されているようには見えません。

ERR_SSL_BAD_RECORD_MAC_ALERTエラーの原因は何ですか?

この特定の問題を調査するために、さまざまなユーザーレポートと、問題を解決するためにユーザーが行った手順を確認しました。私たちが収集したものに基づいて、この問題の出現につながるいくつかの一般的なシナリオがあります。

  • サードパーティのウイルス対策ソフトウェアがHTTPSトラフィックを検査しています–ほとんどのウイルス対策ソフトウェアはデフォルトでこれを行うように構成されていますが、一部は過保護になります。影響を受けるユーザーは、サードパーティのAV設定からHTTPS検査(SSLスキャン)を無効にした後、問題を解決できたと報告しています。
  • Chromeビルドが大幅に古くなっています–この特定の問題は、古いバージョンのChromeを実行しているマシンでも発生することが報告されています。ただし、これはすべての古いChromeバージョン(ビルド40以前)でのみ発生することがわかっています。
  • ルーターのMTU値がネットワーク構成と互換性がない–ルーターのMTU値が現在のネットワーク構成と互換性がない場合にも、エラーが発生することが確認されています。

現在、この特定の問題の解決に苦労している場合は、この記事で、検証済みのトラブルシューティング手順をいくつか紹介します。以下に、同様の状況にある他のユーザーが問題を解決するために使用したいくつかの方法を示します。

最良の結果を得るには、特定のシナリオで効果的な解決策に出くわすまで、以下の方法に従ってください。

方法1:サードパーティのウイルス対策設定からHTTPS検査を無効にする(該当する場合)

さまざまなユーザーレポートによると、セキュリティで保護されたチャネルへの悪意のある攻撃から保護するためにHTTPSトラフィックを検査するように構成されたサードパーティのウイルス対策ソフトウェアがある場合に問題が発生する可能性があります。

これは必ずしも悪いことではありませんが、ESET、AVAST、BitDefender、McAfeeなどの多くのサードパーティAVスイートが、ERR_SSL_BAD_RECORD_MAC_ALERTエラーの出現を容易にすることが報告されてい ます。

影響を受けるほとんどのユーザーは、AVの設定からHTTPS検査機能を無効にすることで問題を解決できました。通常、この問題は、サードパーティのアンチウイルスがあらゆる種類のHTTPS検査( SSLスキャン)を実行しないようにすることで解決できます。

もちろん、これを行う手順は、使用しているAVに大きく依存します。BitDefenderでは、[設定]> [一般]> [詳細]に移動し、[ SSLスキャン]エントリのチェックを外すことで、この機能を無効にできます。

同等の設定が見つからない場合(HTTPS検査を無効にするオプションがない場合)、AVが原因でエラーが発生していないことを確認する唯一の方法は、完全にアンインストールすることです。サードパーティのコンピュータセキュリティプログラムを完全にアンインストールする方法に関するガイドを使用すると、残りのファイル(同じルールが適用されます)を残さずに完全にアンインストールできます。

注:影響を受けるユーザーは、Windows Defenderがアクティブなセキュリティオプションである間は、ERR_SSL_BAD_RECORD_MAC_ALERT エラーが発生していないと報告してい ます。

この方法が特定の状況に適用できない場合、または問題の解決に役立たない場合は、以下の次の方法に進んでください。

方法2:Chromeを最新バージョンに更新する

一部のユーザーは、Chromeを最新バージョンに更新するのと同じくらい簡単に修正できると報告しました。ただし、この修正は、Chromeでのみ問題が発生し、非常に古いビルド(20〜40)がインストールされているユーザーに対してのみ有効であると報告されていることに注意してください。

最新のChromeビルドを使用していることを確認して、ERR_SSL_BAD_RECORD_MAC_ALERTエラーを解決するためのクイックガイドを次に 示し ます。

  1. Google Chromeを開き、右上隅にあるアクションボタンをクリックします。次に、[ヘルプ] > [GoogleChromeについて]をクリックします。

    注: GoogleChromeはデフォルトで更新するように構成されていることに注意してください。ただし、手動のユーザー介入または特定の拡張機能により、このデフォルトの動作が変更される場合があります。

  2. スキャンが完了するまで待ってから、[ Chromeの更新]をクリックして、新しいバージョンがインストールされるのを待ちます。
  3. ブラウザを再起動して、問題が解決したかどうかを確認します。

それでも問題が発生する場合(または複数のブラウザで特定のWebサイトにアクセスする際に問題が発生する場合)は、以下の次の方法に進んでください。

方法3:ルーターのMTUを1400に変更する

ERR_SSL_BAD_RECORD_MAC_ALERTエラーが発生した多くのユーザーは 、関連するルーターのMTU値を1400に変更することで、問題を完全に解決しました(使用しているブラウザーに関係なく、接続されているすべてのデバイスで)。

MTUMaximum Transmission Unit)を変更する手順は、ルーターの製造元によって異なります。ただし、正しい方向を示すための一般的な手順をいくつか作成しました。

  1. Webブラウザーを起動し、ルーターのログインアドレスを入力します。ほとんどのルーターはデフォルトのIPである192.168.0.1を使用しますまたは 192.168.1.1。

  2. ルーターの設定を確認し、MTUサイズを変更できるネットワークまたはWANの設定を探します。ほとんどのルーターでは、これは[ WANセットアップ]の[詳細設定]メニューにあります
  3. 設定するMTUサイズを1400とヒット保存(または適用)変更を保存します。
  4. ルーターを再起動し、以前にERR_SSL_BAD_RECORD_MAC_ALERTエラーをトリガーしていたのと同じアドレスにアクセスして問題が解決したかどうかを確認し ます。

方法4:高度なストリーミング検出を無効にする(キラーネットワーク)

AlienwareまたはKillerネットワークカードを搭載したDellコンピュータを使用している場合は、「高度なストリーミング検出」を無効にしてみてください。このオプションは便利ですが、いくつかのモジュールとの競合を引き起こし、議論中のWebページの閲覧中に問題を引き起こすことが知られています。このステップはとにかくあなたのコンピュータに干渉しません。

  1. コンピュータからキラーネットワークコントロールパネルを起動します。
  2. コントロールパネルで、一度にナビゲート設定オフのオプション高度なストリームを検出
  3. コンピュータを正しく再起動します。次に、Webページを開いて、問題が解決しないかどうかを確認します。