サブウーファーを統合ステレオアンプに接続する方法

サブウーファーは多くの場合、ホームシアターサウンドシステムと統合されており、より広い範囲の周波数を再生できます。これにより、オーディオシステムは、オーディオソース信号が転送するさまざまなノート全体を考慮することができます。統合されたサブウーファーがないと、元のサウンドトラックの一部であるさまざまなサウンド周波数を見逃したり、全体的なリスニング体験でベースノートなどの重要なコンポーネントが失われたりする可能性があります。このテクノロジーは、より大きなサラウンドサウンドやホームシアターのセットアップに組み込まれるのが一般的ですが、ステレオアンプと統合して、音質を向上させることもできます。

ホームシアターとAVレシーバーは1本の相互接続ケーブルでサブウーファーに接続されていますが、ステレオレシーバーとプリアンプには同じ低音管理オプションがありません。たとえば、AVレシーバーを使用すると、出力に到達する前に周波数範囲を調整するチャネルを介して低音周波数をスピーカーに送ることができます。ステレオアンプのセットアップでは、内部の低音管理が不足しているため、より高レベル(または表面レベル)の接続が必要になります。ステレオセットアップを接続する場合、2つのチャネルがあるため、接続をすべて2倍にする必要があります。

一部のサブウーファーにはすでに内蔵アンプが組み込まれていますが、内蔵アンプがない場合や内蔵アンプの強度が低い場合は、別のステレオアンプをサウンドシステムに統合することを選択できます。RCAサブウーファー出力のない2チャンネル統合アンプまたは2チャンネルステレオレシーバーを使用してパワードサブウーファーに接続する場合、このガイドでは、Bスピーカーの出力のみを備えた2チャンネル統合アンプと統合する方法を説明します。 。スピーカーAの出力はフロントエンドスピーカーに接続されます。

始める前のハードウェア要件

始める前に、2チャンネルステレオレシーバーまたは2チャンネルステレオ統合アンプ(これらなど)で次のことを確認する必要があります。このデバイスにはスピーカーAとBが必要です。このガイドでは、スピーカーAの出力がフロントスピーカーのセットアップに送られます。スピーカーBの出力は、アクティブアンプの内蔵サブウーファーと統合するために使用します。2チャンネルレシーバーアンプの背面に向かい、ここにサブウーファー出力が表示されていないことに注意してください。代わりに、スピーカーA出力(右と左)とスピーカーB出力(右と左)があります。

パワードサブウーファーでは、RCAの低レベル入力だけでなく、左右のスピーカーワイヤーを接続するための高レベル入力が必要になります。パワードサブウーファーの背面に向かい、左右の高レベル入力ポートを見つけます。

これ以外に、このセットアップに必要な他の機器は、2本のケーブルスピーカーワイヤーの2セットです。

機器が上記の2つの条件を満たしていることを確認し、スピーカーワイヤーの準備ができたら、前述の接続に進むことができます。

セットアップ

  1. サブウーファーとステレオアンプが電源から切断され、オフになっていることを確認してください。
  2. 2チャンネル出力レシーバーからのスピーカーA出力をフロントエンドスピーカーセットアップに接続します。
  3. スピーカーワイヤーのセットを取り、2チャンネルステレオアンプレシーバーの背面にあるスピーカーBの右側の出力の正と負の端子からの右側の高レベル入力の正と負の端子に接続しますパワードサブウーファー。正/負および右/左のマーキングに注意し、それらを正確に一致させます。ストレートワイヤーで固定することも、バナナプラグ付きのものを使用することもできます。
  4. 2チャンネルステレオアンプレシーバーの左側の出力とパワードサブウーファーの高レベル入力用に、別のスピーカーワイヤーのセットで上記の手順を繰り返します。
  5. 高度なカスタマイズ:サブウーファーを調整したい場合は、次の設定から始めてください。 4インチ以下のサブウーファーの場合、クロスオーバー周波数(固有のローパスフィルターで使用)を100Hz以上に設定します。 5インチ以上のサブウーファーの場合は、80Hz以下のクロスオーバー周波数を使用します。このステップはオプションです。ほとんどのサブウーファーには、中程度の基本設定がすでに構成されています。
  6. システムの電源を入れる前に、メディア画面の近くに配置してください。サブウーファーは主に低音と低音の周波数を上げるために機能するため、このスピーカーシステムの配置は、音がどのように伝わるかを決定する上でそれほど重要ではありません。ピッチ周波数が高い場合、これらのトーンを最大限に活用するには、スピーカーの角度と潜在的なエコーまたはバウンスに注意を払う必要があります。ただし、サブウーファーを使用すると、これははるかに簡単になり、スピーカーはどこにでも任意に配置できます。画面の近くに置き、オーディオが必要な方向を向くようにすることをお勧めします。
  7. スイッチをオフにしたまま、アンプを電源に接続します。
  8. 上記の手順で説明したように、最後にもう一度配線を確認してください。接続がしっかりと正しく配置されていることを確認してください。
  9. すべてが順調に進んだら、電源を入れます。
  10. スピーカーAの電源を入れ、フロントスピーカーの音を観察します。これをオフにしてからスピーカーBをオンにして、サブウーファーの低音を観察します。両方を同時にオンにすると、完全な低音増幅出力が得られます。
  11. サブウーファーの音量を調整して、低音と低音の周波数が聞こえるレベルまで上げます。より多くの低音が必要な場合は、これを高くします。スポークのメインボリュームダイヤルを実際のボリュームに調整し、サブウーファーボリュームダイヤルを低音周波数の発音に調整します。

評決

初期設定が完了したら、低音レベルの異なるさまざまな曲を聴いて、クロスオーバー周波数とサブウーファーの音量を調整する必要があります。これは、聴こうとしている音楽やサウンドの大部分に最適化するのにしばらく時間がかかります。前のセットアップ手順で指定されたクロスオーバー周波数は、サブウーファーとステレオアンプの統合に共通の標準周波数です。ただし、特定の好みに合わせて、これらを少し調整することもできます。