Chrome forAndroidでデスクトップサイトを永続的に有効にする方法

この簡単なガイドでは、Chrome for Androidを変更して、ウェブサイトを完全なデスクトップビューで永続的に読み込む方法を紹介します。多くのユーザーは、「デスクトップサイトのリクエスト」が有効になっているにもかかわらず、しばらくするとChromeアプリがモバイルサイトに戻ることを経験しています。

これは、Android Nougat以降では、SELinuxの権限が制限されているため、Chromeが/ data / local /から読み取ることができないためです。ただし、修正は非常に簡単です。この問題に関する一部のガイドでは、/ data / localを/ data / local / tmpに変更するように指示されている場合がありますが、これはChromeとChromiumの最新バージョンでは機能しません。アプリはファイルを使用しようとさえしません。デバッグモードです。もちろん、ほとんどのROMはデバッグビルドではありません!もちろん、Androidの開発者向けオプションでChromeをデバッグモードに設定することもできます。

ダウンロード

  • chrome-command-line.txt
  • ChromeDesktopMode-ScaleFactor1.zip
  • ChromeDesktopMode-ScaleFactor1.25.zip
  • ChromeDesktopMode-ScaleFactor1.5.zip
  • ChromeDesktopMode-ScaleFactor1.75.zip
  • ChromeDesktopMode-ScaleFactor2.zip

まず、このガイドのダウンロードセクションからChromeコマンドラインファイルをインストールし、リカバリを介してフラッシュする必要があります。最善の策は、TWRPまたは別のカスタムリカバリです。

(ルート化されたファイルエクスプローラーを使用して)手動でダウンロードして/ data / local / tmpに配置することもできますが、ファイルのアクセス許可を755に設定する必要があります。

最後に、次のADBコマンドラインを使用して、ADB上でそれを行うこともできます。

adb push chrome-command-line / data / local / tmp / chrome-command-line

ただし、手動デプロイ方法(ルートファイルエクスプローラーまたはADB方法)を使用する場合は、「chrome-command-line.txt」ファイルのスケール係数を手動で調整してから、名前を「chrome-command」に変更する必要があることに注意してください。 -ライン"。スケールファクターについては、このガイドのセクションを参照してください。

開発者向けオプションで、[デバッグアプリの選択]まで下にスクロールします。

Chromeを選択し、「WaitforDebugger」オプションを無効にします。ただし、何らかの理由で[アプリのデバッグ]オプションでChromeを使用できない場合は、ADBコマンドを使用してADB上でこれを強制できます。

adb shell am set-debug-app --persistent com.android.chrome

Chromeは強制的にデバッグモードになります。もう一度[開発者向けオプション]に移動し、[デバッグアプリの選択]で確認すると、Chromeが設定されていることがわかります。

次に、Chromeアプリを起動し、[設定]> [ユーザー補助]に移動して、[ズームを強制的に有効にする]オプションを有効にします。

次に、Chromeを完全に強制終了し(Kill Application経由など)、再起動します。これで、永続的なデスクトップモードになります。

スケールファクター

2018年6月にAndroid上のChrome向けにビルドされて以来、スマートフォンとタブレットのどちらを使用しているかなど、Androidバージョンが使用するインターフェース方法を決定する方法に大きな変更が加えられているようです。

そのため、以前は電話を使用している場合は、スケールファクターを任意に設定するだけで、モバイルインターフェイスを利用できます。ただし、Chromeは決定を下す前にforce-device-scale-factorを考慮に入れているようです。これは、force-device-scale-factorの数値を低く設定しすぎると、タブ付きのタブレットスタイルのインターフェイスが提供されることを意味します。これは一部の人にとっては魅力的かもしれませんが、それが嫌いな場合は、モバイルスタイルのインターフェイスに戻るまで倍率を上げるしかありません。

0.25刻みでスケールを変更する必要がなくなりました。これは、ビューポートを大きくするためにもう少し微調整できるようになったため、プラスになります。

一部のWebサイトは、ユーザーエージェントが受け取るサイトのバージョンを決定する場合がありますが、ほとんどのWebサイトは、使用可能なビューポートサイズ(通常は画面幅)も確認します。したがって、スケールファクターを高く設定しすぎると、モバイルバージョンのWebサイトになってしまう可能性があります。ポートレートモードでも、幅が制限されているためモバイルバージョンを受け取る場合がありますが、ランドスケープモードに変更すると、サイトのデスクトップバージョンを受け取ることがわかります。

したがって、画面の解像度に基づいて、デスクトップサイトを一貫して取得するために使用する最適な倍率の概算を次に示します。

  • 720p以下:1から1.25までの倍率を選択します– 1.5まで上げると、モバイルWebサイトの取得を開始する可能性が高くなります。
  • 1080p:1.5、1.75、または2のいずれかの倍率を使用する必要があります。倍率2では、ほとんどのWebサイトにデスクトップバージョンが表示されますが、デバイスを縦向きモードで使用すると、開始できます。幅が制限されているため、モバイルWebサイトを取得します。
  • 1080pより高い:おそらく1.75または2の間に留まる必要がありますが、4k画面の場合はおそらく高くなります。

もちろん、これはすべて主観的なものです。たとえば、1080p画面を備えた5インチのデバイスは、1080pディスプレイを備えた10インチタブレットとは明らかに同じではありません。あなたはこれでたくさん遊んで、あなたにとって最も快適なものを見つけたいと思うでしょう。もちろん、スケールファクターが高いほど物事は大きく見えます-基本的に物事を爆破します。たとえば、ビューポートの幅が1000で、倍率が2の場合、ビューポートは500になりますが、画面は明らかに縮小されておらず、低解像度の画面であるかのように表示されています。

タグアンドロイド開発