修正:エラー50 DISMは、/ onlineオプションを使用したWindowsPEのサービスをサポートしていません

展開イメージのサービスと管理(DISM)は、Windowsイメージを更新したり、イメージを準備したりするために使用されます。これはコマンドラインツールです。システムファイルチェッカースキャンがエラーや破損したファイルを報告したときに修復するための使用を含む、多くの用途があります。

ただし、ユーザーが次のエラーを報告することはめったにありません。「エラー50 DISMは、/ onlineオプションを使用したWindowsPEのサービスをサポートしていません。DISMログファイルは、DISMコマンドを実行するとx:windows \ dism \ dism.logにあります。その原因は、ウィンドウがWin PE(プレインストール環境)にいると考えているように見えることです。これは、レジストリキーの置き忘れの結果です。ガイドに従ってすばやく修正してください。

レジストリキーの削除

押しながらWindowsキーとRキーを押しを。タイプregeditをし、Enterキーを押して入力します。UAC警告が表示された場合は、[はい]をクリックします。

、レジストリエディタウィンドウ、をクリックしてHKEY_LOCAL_MACHINEそれを拡大するために左側のペインで。

HKEY_LOCAL_MACHINEの下で、SYSTEMをクリックして展開します。同様に、HKEY_LOCAL_MACHINE \ SYSTEM \ CurrentControlSet \ Controlに移動します

Controlの下に、MiniNTという名前のフォルダーがあります。それを右クリックし、[権限]をクリックします。

あなたの選択したユーザー名でのグループまたはユーザ名のリストをして確認してくださいチェックボックスに対するフルコントロールがされて確認。次に、[ OK ]をクリックします

同じMiniNTキーを右クリックし、[削除]をクリックします。削除するメッセージを確認します。システムを再始動して、コマンドを再実行してください。あなたの問題はなくなるはずです。

BIOSを更新します

上記の解決策が機能しない場合; BIOSをデフォルト設定に復元してください。これは、BIOSを起動することで実行できます。すべてのモデルが異なるため、BIOSをデフォルトに戻す方法については、マニュアルを参照することをお勧めします。