Windows7およびVistaコンピューターをクリーンブートする方法

クリーンブートは、Windows以外のサービスや不要なスタートアッププログラムを無効にするプロセスです。コンピュータをクリーンブートすると、通常、ブート時間が短縮され、CPUの負荷が軽減されます。必要に応じてオンにすることもできますが、不要なサービスやスタートアッププログラムをすべて除外するために、2か月に1回クリーンブートすることを強くお勧めします。

後で、または必要に応じて、それらを再度有効にすることができます。このプロセスは通常、Windows操作の実行を中断しません。ただし、クリーンブート後に起動プログラムのロードを見逃した場合は、以下の手順に従って構成に戻り、サービス(有効にする)をチェックすることができます。

コンピュータをクリーンブートするために; 以下の手順に従ってください。

Windows Vista / 7コンピュータのクリーンブート

コンピュータをクリーンブートするにはWindowsキー押しながら、キーボードのRキー押し[ファイル名を指定して実行]ダイアログを開きます。

[ファイル名を指定して実行]ダイアログでmsconfig入力し、[サービス]タブをクリックして、[すべてのMicrosoftサービス非表示 ]にチェックを入れ、[すべて無効にする]をクリックします。

[スタートアップ]タブをクリックし、[すべて無効にする]をクリックします。[適用して再起動]をクリックします。

それでおしまい!再起動後、システムの速度が大幅に向上します。サービスまたはスタートアッププログラムを有効にする場合は、msconfigユーティリティを再度開き、[スタートアップ]タブまたは[サービス]タブ(有効にする必要がある方)に戻って、有効にするプログラムにチェックを入れます。 、起動プログラムを有効にしないでください。必要ありません。